○みよし市交通委員設置規程

昭和44年12月20日

規程第1号

(設置)

第1条 市民の交通道徳、交通安全意識の高揚及び交通安全運動の推進を図るため、交通委員(以下「委員」という。)を置く。

(委員の資格)

第2条 委員は、次に掲げる要件を満たしている者とする。

(1) 市内に住所を有する20歳以上70歳以下で心身ともに健康である者。ただし、再任については75歳に達する日以後の最初の3月31日までとする。

(2) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条第1項に規定する運転免許を有する者

(3) 第5条に規定する任務に熱意をもって臨み得ることのできる者

(4) 次の事項に該当しない者

 健康その他の理由により任務を遂行できないと認められる者

 乱暴な言動で他人に迷惑をかけるおそれのある者

 その他委員として不適当と認められる者

(任命及び解任)

第3条 委員は、市長がこれを任命する。

2 市長は、委員が前条に規定する資格を欠くことになったときは、その委員を解任することができる。

(任期等)

第4条 委員の任期は、特に期限を付した場合を除き、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(任務)

第5条 委員は、任務の重要性を自覚し、市長の指揮命令に従うと共に、相互に協力して次の各号に掲げる任務を必要に応じて行うものとする。

(1) 交通安全強調日、各種交通安全運動期間、その他必要な時における市民等の交通安全指導に関すること。

(2) 保育園等の幼児、小中学校の児童生徒の交通安全指導に関すること。

(3) 行政区、学校、諸団体等において、交通安全教室等が開催されるときは、自主的に交通安全指導に当り、意識の高揚を図るとともに会合等を利用して交通道徳の知識を深める。

(4) 交通安全に関する現地の調査、研究、対策、資料の収集、分析報告等に関すること。

(5) その他交通安全に必要な事項

2 委員は、行政区、警察、愛知県交通安全協会豊田支部、学校その他の団体及びみよし市交通指導員と緊密な連絡をもち、前項に規定する任務を遂行しなければならない。

(服務の心得)

第6条 委員は、次に掲げる事項を守るものとする。

(1) 交通関係法令の研さんに努め、自ら交通法令を遵守し、正しい交通指導に当ること。

(2) 服装、姿勢及び態度を常に注意すること。

(3) 自己の受傷事故防止に努めること。

(4) 職務上知得した秘密を守ること。

(5) 被服備品の使用管理を適正に行うこと。

(雑則)

第7条 次の各号に掲げる事項については別に定めるところによる。

(1) 貸与する制服等装備品の品目数量

(2) 教育訓練の受講

(3) 服務中の事故の補償

(4) 特別の功労、善行があり、その他模範と認めた者の表彰

(5) その他必要な事項

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和44年1月1日から適用する。

附 則(昭和53年4月1日規程第2号)

この規程は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年2月1日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年3月19日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年6月26日規程第5号)

この規程は、昭和62年10月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日規程第11号)

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規程第2号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。ただし、第2条第1号にただし書きを追加する規程は平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成24年2月6日規程第1号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年1月11日規程第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

みよし市交通委員設置規程

昭和44年12月20日 規程第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全対策
沿革情報
昭和44年12月20日 規程第1号
昭和53年4月1日 規程第2号
昭和54年2月1日 規程第1号
昭和59年3月19日 規程第1号
昭和62年6月26日 規程第5号
平成12年3月31日 規程第11号
平成20年3月31日 規程第2号
平成24年2月6日 規程第1号
平成29年1月11日 規程第1号