○みよし市生活環境整備事業分担金の徴収に関する条例施行規則

昭和56年3月19日

規則第6号

(事業の実施)

第2条 条例第2条に規定する事業の実施については、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるところによるものとする。

(1) 里道整備 一般の交通の用に供され、関係住宅が2戸以上ある道路(道路法(昭和27年法律第180号)により認定された道路を除く。以下この号において同じ。)又は市長が公共性が高いと特に認めた道路の整備

(2) 生活下水路整備 一般住宅の排水の用に供され、関係住宅が2戸以上ある生活排水路又は市長が公共性が高いと特に認めた生活排水路の整備

(3) 地区施設整備 みよし市が整備する都市計画法(昭和43年法律第100号)第12条の5第2項に規定する地区施設の整備

(事業に要する経費)

第3条 条例第3条に規定する事業に要する経費は、次に掲げる経費とする。ただし、第2号に掲げる経費については、前条各号の規定による事業を実施する時において、既に条例に規定する事業により、分担金を徴収した部分を除く経費に限るものとする。

(1) 調査測量設計費

(2) 用地費及び補償費(建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条第2項の規定により道路の境界線とみなされた区域内の用地、対象物件及び動産を除く。)

(3) 分筆登記に要する費用

(4) 契約に要する費用

(5) 電柱、水道等事業に支障となるものの移転補償費

(6) 本工事費及び附帯工事費

(分担金の額)

第4条 分担金の額は、生活環境整備事業に要する額に条例の別表に掲げる率を乗じた額とする。

(分担金の通知)

第5条 条例第6条第1項に規定する分担金の納入の通知は、納入通知書(別記様式)によるものとする。

(徴収の時期)

第6条 分担金の徴収の時期は、納入通知書を発行した日から2箇月以内とする。

(委任)

第7条 この規則に定める事項のほか、分担金の賦課及び徴収の事務取扱いについては、みよし市税条例(昭和29年三好村条例第5号)の規定によるものとする。

附 則

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(平成25年6月28日規則第28号)

この規則は、平成25年7月1日から施行する。

画像

みよし市生活環境整備事業分担金の徴収に関する条例施行規則

昭和56年3月19日 規則第6号

(平成25年7月1日施行)

体系情報
第6編 務/第2章 税・税外収入
沿革情報
昭和56年3月19日 規則第6号
平成25年6月28日 規則第28号