○みよし市児童厚生員設置規則

平成13年3月26日

規則第7号

(設置)

第1条 本市の次代を担う児童を心身ともに健やかに育成し、児童の自主性、社会性及び創造性を高めるために児童館に児童厚生員(以下「厚生員」という。)を置くものとし、その他必要と認める公共施設に厚生員を置くことができる。

(委嘱及び資格)

第2条 厚生員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 都道府県知事の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒業した者

(2) 保育士の資格を有する者

(3) 社会福祉士の資格を有する者

(4) 学校教育法(昭和22年法律第26号)の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第90条第2項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者であって、2年以上児童福祉事業に従事したもの

(5) 教育職員免許法(昭和24年法律第147号)に規定する幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校又は中等教育学校の教諭の免許状を有する者

(6) 次のいずれかに該当する者であって、市長が適当と認めたもの

 学校教育法の規定による大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者(当該学科又は当該課程を修めて同法の規定による専門職大学の前期課程を修了した者を含む。)

 学校教育法の規定による大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程において優秀な成績で単位を修得したことにより、同法第102条第2項の規定により大学院への入学が認められた者

 学校教育法の規定による大学院において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専攻する研究科又はこれらに相当する過程を修めて卒業した者

 外国の大学において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

 その他厚生員として必要な学識経験を有する者

(任期)

第3条 厚生員の任期は、2年とする。ただし、厚生員が欠けた場合における補欠の厚生員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 厚生員は、再任されることができる。

(職務)

第4条 厚生員は、次の掲げる職務を行う。

(1) 児童の育成指導及び必要な事務に関すること。

(2) 行政区、学校その他の関係機関との連携に関すること。

(3) 地区における子ども会、子育てクラブ等の地域組織活動の育成助長に関すること。

(4) 児童の健康行動に注意を必要と認めた場合の保護者への連絡に関すること。

(5) その他市長が必要と認めること。

(免職)

第5条 厚生員が次の各号のいずれかに該当する場合は、その職を免ずる。

(1) 自己の都合により解任を申し出た場合

(2) 厚生員としてふさわしくない事由が生じた場合

(3) 前条に定める職務の遂行に支障があり、これに堪えない場合

(児童厚生員協議会)

第6条 厚生員の職務を円滑にするため、児童厚生員協議会を設置する。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成13年4月1日から施行する。

(三好町児童育成指導員設置規則の廃止)

2 三好町児童育成指導員設置規則(昭和58年三好町規則第15号)は、廃止する。

(三好町児童厚生施設管理規則の一部改正)

3 三好町児童厚生施設管理規則(昭和48年三好町規則第19号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成18年3月30日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月26日規則第8号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月20日規則第24号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

みよし市児童厚生員設置規則

平成13年3月26日 規則第7号

(平成31年4月1日施行)