○みよし市緑と花のセンター設置条例

平成7年3月22日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、みよし市緑と花のセンター(以下「緑と花のセンター」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 健康的でゆとりのある住民生活の確保と農業の振興を図るため、緑と花のセンターをみよし市打越町三百目153番地に設置する。

(利用の許可)

第3条 緑と花のセンターのうち、次に掲げる施設(以下「施設」という。)を利用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 農業体験実習館研修室

(2) 農業体験実習館調理加工室

(3) ふれあい農園

(4) バーベキュー施設

(5) ふれあいA広場

2 市長は、緑と花のセンターの管理上必要があると認めたときは、前項の許可に条件を付すことができる。

(利用の制限)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、利用を認めない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗をみだすおそれがあると認めたとき。

(2) 管理上支障があると認めたとき。

(3) 利用者が、営利、宣伝等を目的に使用するとき。

(4) その他市長が必要があると認めたとき。

(利用許可の取消し等)

第5条 市長は、第3条第1項の規定により許可を受けた者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、許可を取り消し、利用の中止若しくは停止を命じ、又は許可に付された条件を変更することができる。

(1) この条例又はこれに基づく規則等法令の規定に違反したとき。

(2) 許可に付された条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により許可を受けた事実が明らかになったとき。

(4) その他市長が公益上やむを得ない理由があると認めたとき。

2 前項の規定による取消し等によって利用者に損害が生じた場合において、市は、その責を負わない。

(特別の設備等)

第6条 利用者は、施設等の利用に際して特別の設備をし、又は既存の設備を変更してはならない。ただし、市長の許可を受けたときはこの限りでない。

(使用料)

第7条 利用者は、規則で定める日までに、別表に定める額の使用料を支払わなければならない。ただし、市長が減免を必要と認めたときはこの限りでない。

(使用料の還付)

第8条 納付された使用料は、還付しない。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、規則で定める基準によりその全部又は一部を還付することができる。

(原状回復)

第9条 利用者は、施設の利用を終了したとき又は第5条の規定により利用の中止若しくは利用の停止を命じられたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成7年規則第11号で平成7年9月7日から施行)

附 則(平成7年12月25日条例第31号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月24日条例第7号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月22日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年12月20日条例第35号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年11月5日条例第35号)

この条例は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成24年12月27日条例第55号)

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、次項の規定は、平成25年1月5日から施行する。

(経過措置)

2 施行日前に施行日以後の利用の許可を受けた者からは、改正前のみよし市緑と花のセンター設置条例の規定にかかわらず、施行日前においても当該利用に係る改正後のみよし市緑と花のセンター設置条例に定める額の使用料を徴収する。

附 則(平成27年12月24日条例第59号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、次項の規定は、同年1月5日から施行する。

(経過措置)

2 施行日前に施行日以後の利用の許可を受けた者からは、改正前のみよし市緑と花のセンター設置条例の規定にかかわらず、施行日前においても当該利用に係る改正後のみよし市緑と花のセンター設置条例に定める額の使用料を徴収する。

別表(第7条関係)

施設名

単位

使用料の額

研修室

1時間につき

330円

調理加工室

1時間につき

180円

ふれあい農園

1区画につき年額

8,000円

バーベキュー施設

1卓1時間につき

100円

ふれあいA広場

1時間につき

1,320円

備考

1 市内に在住し、在勤し、又は在学する者以外の者に係る使用料(ふれあい農園を除く。)の額は、この表に定める額の2倍の額とする。

2 市内に在住し、在勤し、又は在学する者以外の者に係るふれあい農園の使用料の額は、10,000円とする。

3 ふれあい農園において、利用期間が1年未満であるときの使用料は、月割をもって計算し、なお、1月未満の端数があるときは1月として計算する。

4 使用料の算出金額に10円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てる。

みよし市緑と花のセンター設置条例

平成7年3月22日 条例第3号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成7年3月22日 条例第3号
平成7年12月25日 条例第31号
平成9年3月24日 条例第7号
平成16年3月22日 条例第20号
平成16年12月20日 条例第35号
平成21年11月5日 条例第35号
平成24年12月27日 条例第55号
平成27年12月24日 条例第59号