○みよし市緑と花のセンター管理規則

平成7年3月22日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、みよし市緑と花のセンター設置条例(以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、みよし市緑と花のセンター(以下「緑と花のセンター」という。)の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(職員の配置)

第1条の2 緑と花のセンターに所長を置く。

2 前項に規定する職員のほか、緑と花のセンターに必要な職員(以下「職員」という。)を置く。

(職員の職務)

第1条の3 所長は、上司の命を受けて所管事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 前条第2項の規定により置かれる職員は、上司の命を受け、担当する事務に従事する。

(利用時間及び休館日)

第2条 緑と花のセンターの利用時間は、午前9時から午後5時までとする。

2 緑と花のセンターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日

(2) 1月1日から同月4日まで及び12月28日から同月31日まで

3 市長は、前2項の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、臨時に利用時間又は休館日を変更することができる。

(利用の許可等)

第3条 条例第3条の規定に掲げる施設(以下「施設」という。)を利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、利用申請書(様式第1。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 申請者は、申請書を別表第1に定める区分に従い、同表に掲げる期間内に市長に提出しなければならない。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

3 市長は、施設の利用を許可したときは、利用許可書(様式第2。以下「許可書」という。)を申請者に交付する。

4 条例第7条の規則で定める日は、別表第2のとおりとする。

5 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が施設を利用するときは、許可書を所長又は職員(以下「所長等」という。)に提示しなければならない。

(権利の譲渡等の禁止)

第4条 利用者は、施設を利用する権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用期間)

第5条 条例第3条第1項第1号第2号及び第5号の規定に掲げる施設を引き続き利用できる期間は、5日間とする。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

2 ふれあい農園の利用期間は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年とする。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(利用許可の変更又は取消し)

第6条 利用者は、許可書に記載された事項を変更又は取消ししようとするときは、利用変更(取消)申請書(様式第3)に許可書を添えて市長に提出し、その許可を得なければならない。

2 市長は、利用の変更又は取消しを許可したときは、利用変更(取消)許可書(様式第4)を利用者に交付する。

3 利用の変更を許可された場合において、納付された使用料の額が変更後の使用料の額に対して不足額を生じるときは、利用者は、直ちに当該不足額を納入しなければならない。

(利用の申請等の特例)

第7条 第3条第1項の規定にかかわらず、同条第2項に定める期間にみよし市公共施設予約案内システムに関する規則(平成14年三好町規則第29号。以下「予約案内システム規則」という。)第3条の規定により登録を受けた者は、同規則第1条の予約案内システム(以下「予約案内システム」という。)により利用許可の申請をすることができる。

2 予約案内システムにより利用の許可を受けた者が、当該許可を受けた事項を、変更しようとするとき又は取消ししようとするときは、予約案内システム規則第9条の規定により行わなければならない。

(利用許可時間等)

第8条 利用許可時間及び利用許可期間は、準備から原状回復までに必要な一切の時間及び期間を含むものとする。

2 利用者は、施設の利用許可時間及び利用許可期間を延長することはできない。ただし、他に支障が無くて、市長がやむを得ないと認めるときは、この限りでない。

(使用料の還付)

第9条 条例第8条に規定する規則で定める基準は、別表第3のとおりとする。

2 使用料の還付を受けようとする者は、使用料還付申請書(様式第5)を市長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第10条 市長は、公益上必要があると認めるときは、別表第4に定めるところにより、使用料を減免することができる。

2 使用料の減免を受けようとする利用者は、使用料減免申請書(様式第6)を市長に提出しなければならない。

(利用後の届出及び点検)

第11条 利用者は、施設の利用が終わったとき又は利用を中止したときは、速やかに利用した施設を原状に回復し、その旨を届け出て所長等の点検を受けなければならない。

(利用者の遵守事項)

第12条 利用者は、条例及びこの規則に規定する事項のほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 特別の設備をしたときは、利用後直ちに原状に回復し、所長等にその旨を届け確認を得ること。

(2) 利用後は、機具備品の整理整頓及び施設等の清掃をして、次に利用する人に迷惑をかけないよう配慮すること。

(3) 所長等の指示に従うこと。

(禁止行為)

第13条 緑と花のセンターにおいては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 市長の指定する場所以外に自動車等を乗り入れること。

(2) 市長が指定する場所以外で、喫煙又は火気を使用すること。

(3) 市長の許可なく、物品を販売し、又は金品の募集等の行為をすること。

(4) 市長の許可なく、広告類等の提示又は配布をすること。

(5) ゴミ等汚物を指定場所以外に捨てること。

(6) 衛生、風紀等の公序良俗を害すること。

(7) ふれあい農園において、次に掲げる行為をすること。

 建物及び工作物を設置すること。

 草花、野菜等の栽培以外の用途に利用すること。

 樹木及び多年性植物を栽培すること。

 指定された区画以外のふれあい農園に立ち入ったり、他の利用者に迷惑をかけること。

(汚損等の届出)

第14条 利用者は、施設等を汚損し、き損し、又は滅失したときは、施設等汚損・き損・滅失届(様式第7)を直ちに市長に提出し、その指示を受けなければならない。

(委任)

第15条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、三好町緑と花のセンター設置条例の施行の日から施行する。

附 則(平成7年12月25日規則第18号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月24日規則第9号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月27日規則第14号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月21日規則第14号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月25日規則第9号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年12月27日規則第34号)

この規則は、平成15年2月1日から施行する。ただし、別表第3の改正規定は、同年4月1日から施行する。

附 則(平成15年12月19日規則第27号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の三好町緑と花のセンター管理規則の規定に基づいて作成されている諸用紙は、改正後の三好町緑と花のセンター管理規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成16年3月22日規則第11号)

この規則は、平成16年3月22日から施行する。

附 則(平成16年12月20日規則第36号)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の三好町緑と花のセンター管理規則の規定に基づいて作成されている諸用紙は、改正後の三好町緑と花のセンター管理規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成17年3月31日規則第30号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月17日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

別表第1(第3条関係)

利用許可申請期間

区分

期間

農業体験実習館

研修室

調理加工室

バーベキュー施設

ふれあいA広場

利用日の属する月の3月前から同日まで。ただし、市外者がふれあいA広場を申請する場合は、利用日の属する月の1月前から同日までとする。

ふれあい農園

利用開始日の属する月の2月前から同日の7日前まで

備考 この表において「市外者」とは、市内に在住し、又は市内の事業所に在勤している者以外の者をいう。

別表第2(第3条関係)

使用料の納付期間

区分

期間

農業体験実習館

研修室

調理加工室

バーベキュー施設

ふれあいA広場

許可の日から利用日まで

ふれあい農園

許可の日から利用開始日の1日前まで

別表第3(第9条関係)

使用料の還付

区分

還付率

災害その他利用者の責に帰することができない理由による取消し

100%

ふれあい農園

利用日前1日までに取消しを申請したとき

100%

利用日後20日までに取消しを申請したとき

75%

利用日後40日までに取消しを申請したとき

50%

別表第4(第10条関係)

使用料の減免

区分

減免の対象になる利用

減免率

農業体験実習館

研修室

調理加工室

ふれあいA広場

国、地方公共団体その他公共団体が利用するとき。

100%

農業、林業又は漁業に関する公共的団体が利用するとき。

100%

農業、林業又は漁業に関する公共的団体以外の公共的団体が利用するとき。

50%

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市緑と花のセンター管理規則

平成7年3月22日 規則第2号

(平成29年2月17日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成7年3月22日 規則第2号
平成7年12月25日 規則第18号
平成9年3月24日 規則第9号
平成10年3月27日 規則第14号
平成12年3月21日 規則第14号
平成14年3月25日 規則第9号
平成14年12月27日 規則第34号
平成15年12月19日 規則第27号
平成16年3月22日 規則第11号
平成16年12月20日 規則第36号
平成17年3月31日 規則第30号
平成29年2月17日 規則第1号