○みよし市道認定基準

昭和52年9月1日

1 目的

この基準は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)第3条に規定する道路以外の道路で一般の交通の用に供されているもの(以下「道路」という。)を市道として認定する場合の必要事項について定めるものとする。

2 認定基準

市道として認定することのできる道路は、次の各号に掲げる基準に適合するものでなければならない。

(1) 幅員4メートル以上(法面を除く。)の道路であること。

(2) 法第3条に規定する道路に接続している道路であること。

(3) 原則として道路構造令(昭和45年政令第320号)に定める基準を満たしている道路であること。

(4) 公共施設に接続している場合を除き、袋路状の道路でないこと。

(5) 相当量の交通があること、または将来において相当量の交通が見込まれる道路であること。

(6) 当該道路敷地及び附属物について、市に寄附採納される道路であること。

(7) 第3者による占用物件がある場合は、事前にみよし市道路占用料条例(昭和51年三好町条例第10号)及びみよし市道路管理規則(昭和51年三好町規則第4号)の適用について当該物件所有者と協議が整う道路であること。

3 農道の取り扱い

土地改良法(昭和24年法律第195号)に定める農業用道路にあっては、上記2の基準に適合するほか、次の各号に掲げる基準に適合するものでなければならない。

(1) 土地改良区の同意が得られること。

(2) 起終点が法第3条に規定する道路と接続していること。

4 認定申請

市道として認定するにあっては別記様式によるみよし市道認定申請書を関係者から提出させるものとする。

5 適用除外

次の各号に掲げる道路にあっては、この基準の定めによることなく市道として認定することができる。

(1) 国または県に属する財産を市が貸付けを受け、または譲与を受ける場合の道路

(2) 市長または愛知県公安委員会が指定した自転車または歩行者のみの利用を目的とする道路

(3) 都市計画法(昭和43年法律第100号)第11条第1項で定める道路

附 則

この基準は、昭和52年9月1日から適用する。

附 則(平成17年8月31日)

この基準は、平成17年9月1日から施行する。

附 則(平成21年11月5日)

この基準は、平成22年1月4日から施行する。

画像

みよし市道認定基準

昭和52年9月1日 種別なし

(平成22年1月4日施行)

体系情報
要綱集/ 都市建設部/ 道路河川課
沿革情報
昭和52年9月1日 種別なし
平成17年8月31日 種別なし
平成21年11月5日 種別なし