○みよし市立中央図書館図書館資料収集要項

平成8年4月1日

(趣旨)

第1条 この要項は、みよし市立中央図書館が、地域における公共図書館としての使命及び目的を果たすため、図書館資料を収集するにあたり必要な基本的事項を定める。

(収集の方針)

第2条 図書館資料の収集についての方針を次のとおり定める。

(1) 基本収集方針

図書館資料の選定収集は、市民の知る自由を保障し、市民の生涯教育と文化の発展に寄与することを目的として、次の事項に留意して行う。

 常に客観的な立場で資料収集をする。

 潜在する利用者を含めた市民全体のニーズに応じた資料を収集する。

 内容、形態、表現等において公共図書館の蔵書としてふさわしい資料を収集する。

 みよし市の特性を把握し、資料を収集する。

(2) 個別収集方針

 一般図書

基本的図書を充実するとともに、利用者のニーズを考慮し、幅広く収集する。

 児童図書

こどもの心の豊かさを育む内容、記述のすぐれたものを収集する。

 参考図書

調査、研究及び情報収集に役立つ、基本的参考図書を収集する。

 郷土資料

古窯関係図書資料、県内市町村史誌等は積極的に収集する。特に、みよしの郷土に関する図書資料は、幅広く体系的に収集する。

 逐次刊行物

雑誌、新聞、年鑑、白書、紀要等の逐次刊行物は、利用ニーズを把握し継続、非継続を踏まえて収集する。特に年鑑、白書等は資料更新を継続的に行う。

第3条 前項の収集方針に基づき、次で組織する図書選定会議で収集の詳細について協議し定める。

(図書選定会議)

第4条 図書選定及び蔵書構成等を検討するため、図書選定会議(以下「選定会」という。)を設ける。

2 選定会は、館長が指名する図書館関係職員でもって構成する。

3 選定会は、原則として1ケ月に1回開催する。ただし、必要と認める時は随時開催することができる。

4 前2項の定めのほか、選定会の議事の手続き運営に関し必要な事項は選定会が定める。

(収集の方法)

第5条 収集の方法は、次のとおりとする。

(1) 出版・販売情報、各種書評等による。

(2) 店頭買いによる。

(3) 書店等の見計らいによる。

(4) 利用者のリクエスト等による。ただし、図書館に相応しくない資料は除く。

(5) 寄贈依頼その他寄贈、寄託による。

(その他)

第6条 この要項に定めるもののほか、図書館資料の選定収集について必要な事項は、選定会において協議し、館長が定める。

附 則

この要項は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成21年11月12日)

この要項は、平成22年1月4日から施行する。

みよし市立中央図書館図書館資料収集要項

平成8年4月1日 種別なし

(平成22年1月4日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 生涯学習推進課
沿革情報
平成8年4月1日 種別なし
平成21年11月12日 種別なし