○みよし市家族介護慰労金支給要綱

平成13年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、在宅の要介護老人の介護者に対し、家族介護慰労金(以下「慰労金」という。)を支給し、慰労することにより在宅老人福祉の向上を図る事業の実施内容について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において次の各号に定める用語の定義は、当該各号に揚げるところによる。

(1) 要介護老人 要介護4又は5に相当する市町村民税非課税世帯の在宅高齢者

(2) 介護者 要介護老人と同居し、若しくは要介護老人を常時直接介護している配偶者若しくは3親等内の親族又はこれらに準じる者として特に市長が認めた者

(支給要件)

第3条 市長は、要介護老人が1年間の間に介護保健サービスを利用しなかった場合(1週間程度ショートステイ利用を除く)に、その家族に対して慰労金を支給する。

2 前項の慰労金は、毎年度要介護老人の主たる介護者1人に1回に限り支給する。

(慰労金の額)

第4条 慰労金の額は、100,000円以内とする。

(支給の申請)

第5条 慰労金の支給を受けようとする介護者は、みよし市在宅老人介護者慰労金支給申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)を基準日(介護保険サービスの未利用期間が1年を経過した日)の属する月の末日迄に市長に提出するものとする。

(支給資格の認定)

第6条 市長は、前条の申請書の内容を審査し、慰労金の受給資格を認定するものとする。この場合において、慰労金の受給資格を有しないと認めたときは、当該介護者にみよし市在宅老人介護者慰労金支給不支給通知書(別記第2号様式)を交付するものとする。

(支給時期)

第7条 慰労金は、基準日が属する月の翌月の末日までに支給するものとする。

(受領書)

第8条 慰労金の支払い方法は、口座振込とし、通帳入金をもって受領とする。

(状況調査)

第9条 市長は、必要と認めたときは、受給者に対して受給資格の有無について報告を求め、又は調査をすることができる。

(慰労金の返還)

第10条 市長は、偽りその他不正の手段により慰労金の支給を受けた者があるときは、慰労金を返還させることができる。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、慰労金の支給に関して必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

画像

画像

みよし市家族介護慰労金支給要綱

平成13年4月1日 種別なし

(平成13年4月1日施行)