○辞令式に関する規程

平成17年3月31日

規程第4号

辞令式に関する規程(昭和57年三好町規程第1号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 職員の辞令式については、この規程の定めるところによる。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 採用 現に職員でない者を職員に任命することをいう。

(2) 昇任 現についている職員の職よりも上位の職に任命することをいう。

(3) 身分換 現に有する身分を他の身分に換えること(昇任の場合を除く。)をいう。

(4) 配置換 現についている職又は勤務の組織を他の職又は勤務の組織に換えること(昇任及び身分換の場合を除く。)をいう。

(5) 兼職 現についている職のまま他の職を兼ねることをいう。

(6) 兼務 現についている勤務の組織のまま他の勤務の組織を兼ねることをいう。

(7) 併任 他の任命権者に属する機関の職員をその身分のまま職員に任命することをいう。

(8) 昇格 職員の職務の級を同一給料表の上位の職務の級に変更することをいう。

(9) 降格 職員の職務の級を同一給料表の下位の職務の級に変更することをいう。

(10) 派遣 地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の17の規定による派遣及びこれに準ずる派遣をいう。

(11) 休職 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第2項の規定により職員としての身分を保有したまま職務に従事しないことをいう。

(12) 育児休業 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第4条第1項の規定に基づき職員として職を保有したまま職務に従事しないことをいう。

(13) 復職 休職中の職員が職務に復帰することをいう。

(14) 役付職員 組織上の地位が主査以上又はこれと同等の職にある職員をいう。

(15) 事務取扱 役付職員がこれと同等又は下位の職の職務を一時的に代行することをいう。

(16) 職務代理 役付職員がこれと同等又は上位の職の職務を一時的に代行することをいう。

(17) 降任 地方公務員法第28条第1項の規定により現についている職より下位の職に任命することをいう。

(18) 免職 地方公務員法第28条第1項及び第29条第1項の規定により職員としての身分を失うことをいう。

(19) 停職 地方公務員法第29条第1項の規定により職員としての職を保有したまま職務に従事しないことをいう。

(20) 減給 地方公務員法第29条第1項の規定により職員の現に受ける給料を減ずることをいう。

(21) 戒告 地方公務員法第29条第1項の規定により職員に対し服務義務違反の責任を確認し、将来を戒めることをいう。

(22) 失職 地方公務員法第28条第4項の規定により職員としての身分を失うことをいう。

(23) 出向 職員が本市の他の任命権者に属する機関の職員に引き続き任命されることをいう。

(24) 死亡 職員が死亡することにより職員としての身分を失うことをいう。

(25) 退職 免職、失職、出向及び死亡の場合を除き、職員としての身分を失うことをいう。

(26) 再任用 地方公務員法第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により、定年退職者又は定年退職に準ずる者を採用することをいう。

(発令)

第3条 任免の発令は、辞令(様式)により行う。

(辞令の前文)

第4条 辞令の前文は、氏名のみ記載する。

(発令事項)

第5条 辞令の本文は、別表のとおりとする。

2 発令時における職及び勤務の組織の取扱いは、次に定めるところによる。

(1) 職員に他の職が新たに発令されたときは、従前の職は免ぜられたものとする。

(2) 職員に他の勤務の組織が新たに発令されたときは、従前の組織への勤務は免ぜられたものとする。

(辞令の末文)

第6条 辞令の末文は、次のとおりとする。

(1) 年月日は、発令の日とする。

(2) 発令者は、任命権者とする。

(公印の使用)

第7条 辞令には、任命権者名の右に任命権者印を押印するものとする。

(特例)

第8条 同一職員に係る発令日を同じくする2以上の発令については、同一の辞令書によることができる。

(委任)

第9条 この規程によることが適当でないものについては、その都度市長が定めるものとする。

附 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規程第10号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規程第5号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規程第2号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月9日規程第4号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日規程第4号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規程第6号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月6日規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

種類

区分

発令形式

備考

採用

(1) 役付職員の場合

みよし市職員に任命する

○○部○○課長に補する

行政職給料表( )○級○号給を給する

総務課長等役付職員で職名の発令により勤務する部課等が明らかとなる場合は、勤務する部課等の発令はしないものとする

(2) 一般職員(役付職員以外の職員をいう。以下同じ。)の場合

みよし市職員に任命する

○○(職名)に補する

○○部○○課勤務を命ずる

行政職給料表( )○級○号給を給する

 

(3) その他の場合

○○を命ずる

任期は○年○月○日から○年○月○日までとする

その他(1)に準ずる

任期がある場合

昇任

 

ア ○○部長に補する

イ ○○部○○課副主幹に補する

ウ ○○部○○課主任主査に補する

エ ○○部○○課主査に補する

 

身分換

(1) 役付職員の場合

<○○部○○課主任主査>

みよし市職員を免ずる

みよし市職員に任命する

○○部○○課主任主査に補する

身分を変更する場合は現に有する身分を免ずる身分を発令する場合は職、勤務の組織等を再発令する。

< >内は例示で発令事項ではない。(以下同じ。)

(2) 一般職員の場合

<○○部○○課勤務>

みよし市職員を免ずる

みよし市職員に任命する

主事(又は主事補)に補する

○○部○○課勤務を命ずる

配置換

(1) 役付職員の場合

ア ○○部長に補する

イ ○○部○○課長に補する

ウ ○○部○○課副主幹に補する

 

(2) 一般職員の場合

ア ○○部○○課勤務を命ずる

 

兼職

(1) 命ずる場合

<○○部次長>

ア ○○部次長兼○○課長に補する

 

イ 兼ねて○○課長に補する

発令日を異にして発令する場合

(2) 免ずる場合

<○○部次長兼○○課長>

○○課長兼職を免ずる

兼務

(1) 命ずる場合

<○○部○○課勤務>

ア ○○部○○課兼○○部○○課勤務を命ずる

 

イ ○○部○○課兼務を命ずる

発令日を異にして発令する場合

(2) 免ずる場合

○○部○○課兼務を免ずる

併任

(1) 命ずる場合

みよし市職員に任命する(併任)

主事に補する

○○部○○課勤務を命ずる

出納員その他の会計職員を発令するために併任する場合は勤務の組織を発令しない。

(2) 免ずる場合

みよし市職員(併任)を免ずる

昇格降格給料表の異動

 

ア 行政職給料表( )○級○号給を給する

イ 給料月額○○○○円を給する

 

派遣

(1) 地方自治法の規定に基づく場合

ア ○○部○○課付とする

地方自治法第252条の17の規定に基づき○年○月○日から○年○月○日まで○○へ派遣を命ずる

 

イ 地方自治法第252条の17の規定に基づき引き続き○年○月○日まで○○へ派遣を命ずる

派遣期間を延長する場合

ウ 地方自治法第252条の17の規定に基づく○○への派遣期間を○年○月○日までに変更する

派遣期間を短縮する場合

(2) 公益的法人等派遣法の規定に基づく場合

ア ○○部○○課付とする

公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律第2条第1項の規定に基づき○年○月○日から○年○月○日まで○○へ派遣を命ずる


イ 公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律第2条第1項の規定に基づき引き続き○年○月○日まで○○へ派遣を命ずる

派遣期間を延長する場合

ウ 公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律第2条第1項の規定に基づく○○への派遣期間を○年○月○日までに変更する

派遣期間を短縮する場合

(3) その他

○○部○○課付とする

○○○実務研修生として派遣を命ずる

派遣期間は○年○月○日から○年○月○日までとする


(4) 復帰の場合

ア 復帰を命ずる

○○部○○課主任主査に補する

イ 復帰を命ずる

○○部○○課勤務を命ずる

職及び勤務の組織は、派遣発令直前のそれと異なる場合のみ発令する。

休職

(1) 休職の場合

ア 地方公務員法第28条第2項第○号により休職とする

休職期間は○年○月○日から○年○月○日までとする

給与の支給割合は100分の○とする

地方公務員法第28条第2項第2号の場合は、休職期間は発令しない

給与を支給しない場合は、給与事項は発令しない

イ 休職期間を○年○月○日までに変更する

(2) 復職の場合

ア 復職とする

○○部○○課主任主査に補する

イ 復職とする

○○部○○課勤務を命ずる

職及び勤務の組織は休職発令直前のそれと異なる場合のみ発令する

育児休業

(1) 承認

育児休業を承認する

育児休業期間は○年○月○日から○年○月○日までとする

 

(2) 期間を変更する場合

育児休業期間を○年○月○日までに変更する

(3) 復帰

ア 職務に復帰を命ずる

○○部○○課主任主査に補する

イ 職務に復帰を命ずる

○○部○○課勤務を命ずる

職及び勤務の組織は育児休業直前のそれと異なる場合のみ発令する

自己啓発等休業

(1) 承認

自己啓発等休業を承認する

自己啓発等休業期間は○年○月○日から○年○月○日までとする


(2) 期間を延長する場合

自己啓発等休業期間を○年○月○日までに延長することを承認する

(3) 復帰

ア 職務に復帰を命ずる

○○部○○課主任主査に補する

イ 職務に復帰を命ずる

○○部○○課勤務を命ずる

職及び勤務の組織は自己啓発等休業直前のそれと異なる場合のみ発令する

配偶者同行休業

(1) 承認

配偶者同行休業を承認する

配偶者同行休業期間は○年○月○日から○年○月○日までとする


(2) 期間を延長する場合

配偶者同行休業期間を○年○月○日までに延長することを承認する

(3) 復帰

ア 職務に復帰を命ずる

○○部○○課主任主査に補する

イ 職務に復帰を命ずる

○○部○○課勤務を命ずる

職及び勤務の組織は配偶者同行休業直前のそれと異なる場合のみ発令する

事務取扱

(1) 命ずる場合

ア ○○部○○課長事務取扱を命ずる

 

イ ○○部○○課長○○へ出張期間中○○課長事務取扱を命ずる

出張期間が終了しても事務取扱を免ずる必要はない

(2) 免ずる場合

○○部○○課長事務取扱を免ずる

 

職務代理

(1) 命ずる場合

ア ○○部○○課長職務代理を命ずる

 

イ ○○部長(氏名)○○へ出張期間中○○部長職務代理を命ずる

出張期間が終了しても職務代理を免ずる必要はない

(2) 免ずる場合

○○部○○課長職務代理を免ずる

 

降任

 

地方公務員法第28条第1項第○号により降任する

主事に補する

○○部○○課勤務を命ずる

行政職給料表(○)○級○号給を給する

 

免職

 

地方公務員法第28条(又は第29条)第1項第○号により免職する

 

停職

 

地方公務員法第29条第1項第○号により○月間停職とする

 

減給

 

地方公務員法第29条第1項第○号により○月間○分の○を減給する

 

戒告

 

地方公務員法第29条第1項第○号により戒告する

 

失職

 

地方公務員法第16条第○号に該当し同法第28条第4項により失職したので通知する

失職は辞令を用いることなく、文書で本人及び所轄部長に通知する。

出向

 

○○へ出向を命ずる

出向先の機関名は次のとおりとする

議会事務局

教育委員会

監査委員事務局

農業委員会

市民病院

死亡

 

行政職給料表(○)○級○号給を給する

死亡日付で昇格又は昇給がある場合のみ

退職

(1) 定年退職の場合

定年により退職となる

 

(2) 依願退職

願いにより本職を免ずる

再任用

(1) 役付職員に再任用する場合

みよし市職員に再任用する

 

○○部○○課○○(週○時間勤務)に補する

任期は○年○月○日から○年○月○日までとする

行政職給料表(○)○級(○○○○円)を給する

短時間勤務の場合に1週間当たりの勤務時間を付する

(2) 一般職員に再任用する場合

みよし市職員に再任用する

主事(又は技師)(週○時間勤務)に補する

○○部○○課勤務を命ずる

任期は○年○月○日から○年○月○日までとする

行政職給料表(○)○級(○○○○円)を給する

(3) 再任用の任期を更新する場合

再任用の任期を○年○月○日までとする

(4) 再任用の任期の満了により退職する場合

再任用の任期満了により退職となる

育児短時間勤務等

(1) 承認

育児短時間勤務を承認する

主事(又は技師)(週○時間勤務)に補する

○○部○○課勤務を命ずる

期間は○年○月○日から○年○月○日までとする

行政職給料表(○)○級○号給(○○○○円)を給する

短時間勤務の場合に1週間当たりの勤務時間を付する

(2) 延長

期間を○年○月○日までに変更する

 

(3) 終了

期間満了により短時間勤務は終了した

 

(4) 失効

育児短時間勤務の承認は○年○月○日付けで失効した

 

(5) 取り消す場合

育児短時間勤務の承認は○年○月○日付けで取り消す

 

(6) 地方公務員の育児休業等に関する法律第17条の規定により育児短時間勤務をさせる場合

引き続き育児短時間勤務を命ずる

 

(7) 地方公務員の育児休業等に関する法律第17条の規定による育児短時間勤務が終了した場合

育児短時間勤務は終了した

 

任期付採用又は臨時的任用

(1) 任期付採用又は臨時的任用をする場合

みよし市(任期付採用又は臨時的任用)職員に任命する

主事(又は技師)(週○時間勤務)に補する

○○部○○課勤務を命ずる

任期は○年○月○日から○年○月○日までとする

行政職給料表(○)○級○号給(○○○○円)を給する

短時間勤務の場合に1週間当たりの勤務時間を付する

(2) 任期を更新する場合

任期を○年○月○日までとする

(3) 任期の満了により退職する場合

任期満了により退職となる

画像

辞令式に関する規程

平成17年3月31日 規程第4号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成17年3月31日 規程第4号
平成19年3月30日 規程第10号
平成20年3月31日 規程第5号
平成21年3月31日 規程第2号
平成24年3月9日 規程第4号
平成27年3月20日 規程第4号
平成30年3月30日 規程第6号
平成31年3月6日 規程第1号