○みよし市やすらぎ霊園条例施行規則

平成17年9月29日

規則第43号

(趣旨)

第1条 この規則は、みよし市やすらぎ霊園条例(平成17年三好町条例第28号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(遺骨の範囲)

第2条 条例第4条第2号に規定する現に埋葬すべき遺骨の範囲は、親族及び縁故者とする。

(告示事項)

第3条 条例第5条第1項に規定する規則で定める事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 墓所の種類及び区画数

(2) 公募及び使用申込みをすることができる者の資格

(3) 墓所の使用料及び管理料の額

(4) 公募申込期間

(5) 抽選の日時及び場所

(6) その他使用について必要な事項

(公募の申込み)

第4条 条例第5条第2項に規定する公募に申し込もうとする者は、当該公募の期間内に、みよし市やすらぎ霊園公募申込書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(選考結果の通知及び補欠者の選考等)

第5条 市長は、条例第5条第3項の規定による結果を、みよし市やすらぎ霊園使用選考結果通知書(様式第2号)により当該応募者に通知するものとする。

2 市長は、条例第5条第3項の規定による選考を行うにあたり、順位を定めて、墓地の使用許可を申請することができる者の補欠者を選考し、決定することができる。

3 市長は、使用させることができる墓所が新たに生じたときは、前項の補欠者に対して、その定められた順位に従い墓所の使用許可を申請させることができる。

4 前項の申請は、第1項の通知があった日の翌日から起算して1年以内にしなければならない。

(使用墓所の選考)

第6条 使用する墓所の位置は、公開抽選により決定する。

(使用の許可)

第7条 条例第6条第1項の規定により墓所の使用許可を受けようとする者は、みよし市やすらぎ霊園使用許可申請書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 住民票の写し

(2) 許可を受けようとする者が死亡者の親族及び縁故者であることを証明する戸籍の謄本若しくは抄本又はこれに準ずる書類

(3) 火葬許可証、改葬許可証又はこれに準ずる書類

2 使用許可証の様式は、みよし市やすらぎ霊園使用許可証(様式第4号)とする。

(埋蔵の届出)

第8条 使用者は、条例第7条の規定により焼骨を埋蔵しようとする場合は、みよし市やすらぎ霊園埋蔵届出書(様式第5号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 使用者が、死亡者の親族及び縁故者であることを証明する戸籍の謄本若しくは抄本又はこれに準ずる書類

(2) 火葬許可証、改葬許可証又はこれに準ずる書類

(3) 使用許可証

(使用料の還付)

第9条 条例第9条第2項ただし書の規定による還付を受けようとする者は、みよし市やすらぎ霊園使用料還付請求書(様式第6号)に必要な書類を添えて市長に提出しなければならない。

(管理料)

第10条 条例第10条第1項の規則で定める日は、毎年度7月末日とする。

2 条例第11条の管理料の減免を受けようとする者は、みよし市やすらぎ霊園管理料減免申請書(様式第7号)に必要な書類を添付して市長に提出しなければならない。

3 前項の管理料の減免の申請者が、次の各号のいずれかに該当するときは、当該年度の管理料について全額を減免する。この場合において、管理料の減免を申請することができる者は、本市に住所を有するものに限る。

(1) 使用者が生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づく扶助を受けている世帯に属する者であるとき。

(2) 使用者が地方税法(昭和25年法律第226号)第295条第1項又は第3項の規定により市民税を課されていないとき。

(施設等の制限)

第11条 使用者は、墓所に墓標類の設置をするときは、別表に定める基準によらなければならない。

2 使用者は、あらかじめ設置してある縁石、地下納骨施設及びその他の施設の原状を変更してはならない。

(施設等の工事手続)

第12条 使用者は、墓標類の設置、その他工事をしようとするときは、あらかじめみよし市やすらぎ霊園墓標類工事着手届(様式第8号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 使用許可証

(2) 設計書、工事図面その他市長が必要と認める書類

2 使用者は、前項の工事を完了したときは、速やかにみよし市やすらぎ霊園墓標類工事完了届(様式第9号)を市長に提出し、完了検査を受けなければならない。

3 市長は、前項の完了検査の結果をみよし市やすらぎ霊園墓標類工事検査結果通知書(様式第10号)により通知するものとする。

4 完了検査の結果が不合格の場合は、使用者は速やかに工事のやり直しをしなければならない。

(使用権の承継申請)

第13条 条例第12条第1項の規定により使用権を承継しようとする者は、みよし市やすらぎ霊園使用承継許可申請書(様式第11号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出し、許可を受けなければならない。

(1) 使用許可証

(2) 住民票の写し

(3) 戸籍の謄本

(住所又は氏名の変更届出の義務)

第14条 使用者は、住所に異動が生じ、又は氏名を変更したときは、速やかに書面により市長に届け出なければならない。

(使用許可証の書換及び再交付申請)

第15条 使用許可証を書き換える必要のある者は、みよし市やすらぎ霊園使用許可証書換・再交付申請書(様式第12号)に使用許可証及び住民票の写し又は戸籍の抄本を添えて市長に提出しなければならない。

2 使用許可証の再交付を受けようとする者は、前項の申請書に住民票の写し又は戸籍の抄本を添えて市長に提出しなければならない。

(墓所の返還)

第16条 条例第13条の規定により墓所を返還しようとする者は、みよし市やすらぎ霊園返還届出書(様式第13号)に使用許可証を添えて市長に提出しなければならない。

(委任)

第17条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日規則第15号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。ただし、第7条第1項第1号、第13条第2号及び第15条の改正規定並びに様式第3号、様式第11号及び様式第12号の改正規定は、平成24年7月9日から施行する。

別表(第11条関係)

区分

施設

設置基準

備考

普通墓地

墓標類(囲障を除く。)

高さ2.5メートル以内

1 普通墓地とは、日本式(縦型)の墓標類を主に建てるための墓所の種類をいう。

2 墓標類及び囲障の設置並びに盛土は、あらかじめ設置してある縁石及び境界の内側にしなければならない。

3 高さとは、あらかじめ設置してある縁石上部から各施設の最高部までをいう。

盛土

高さ0.3メートル以内

囲障

高さ0.5メートル以内

芝生墓地

墓標

1 高さ0.6メートル以内

2 幅及び奥行きは、あらかじめ設置してある地下納骨施設の幅及び奥行きの範囲内に限る。

1 芝生墓地とは、日本式(横型)又は庭園式若しくはメモリアルプレート式の墓標類を主に建てるための芝生を張り巡らせた墓所の種類をいう。

2 高さとは、あらかじめ設置してある地下納骨施設の上部から墓標の最高部までをいう。

画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市やすらぎ霊園条例施行規則

平成17年9月29日 規則第43号

(平成24年7月9日施行)