○みよし市一時的保育事業実施規則

平成21年3月25日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、一時的保育事業(以下「一時的保育」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象児童)

第2条 市長又は指定管理者は、一時的に入所を希望する児童が次の各号のいずれかに該当し、保護者が保育することができないと認められる場合は、定員とは別に一時的に保育所の利用を承諾することができる。

(1) 保護者の就労形態により、断続的に保育が必要な児童

(2) 保護者の疾病、災害、事故、出産、看護、介護、冠婚葬祭等社会的にやむを得ない事由により、緊急かつ一時的に保育が困難となる児童

(3) その他市長又は指定管理者が必要と認めた児童

2 一時的保育の日数は、次に定めるところによる。

(1) 前項第1号に規定する児童は、1週につき3日以内とする。

(2) 前項第2号又は第3号に規定する児童は、1月につき14日以内とする。

3 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めた場合は、保育の日数を増加することができる。

(実施保育所)

第3条 一時的保育を実施する保育所は、市長が指定した保育所とする。

(定員)

第4条 前条に規定する保育所の一時的保育の利用定員は、10人とする。

(実施日等)

第5条 一時的保育の実施日は、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び年末年始(1月2日、3日及び12月29日から31日までをいう。)を除く毎日とする。

2 一時的保育の実施時間は、午前8時から午後4時までとする。ただし、午前7時30分から午前8時までは登園の準備時間とする。

(利用手続等)

第6条 一時的保育の利用を希望する児童の保護者は、一時的保育事業利用申込書(様式第1号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

2 市長又は指定管理者は、前項の申込書を受理したときは、速やかに保育の要否、期間その他必要な事項を調査し、保育の必要があると認めるときは、一時的保育事業利用承諾通知書(様式第2号)により保護者に通知しなければならない。

3 市長又は指定管理者は、保育の必要がないと認めたとき、又は第4条に定める人員を超え、保育をすることができないと認めるときは、一時的保育事業利用不承諾通知書(様式第3号)により保護者に通知しなければならない。

(利用中止の届出等)

第7条 一時的保育を利用する児童の保護者は、その理由が消滅したときは、速やかに一時的保育事業利用中止届出書(様式第4号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

2 市長又は指定管理者は、前項の届出書を受理したときは、その届出による利用の中止日をもって一時的保育を中止するものとする。

(延長利用)

第8条 一時的保育を利用する児童が、午後4時以降において第2条第1項各号のいずれかに該当し、保護者が保育することができないと認められる場合は、午後7時まで延長して利用することができる。

(委任)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月24日規則第16号)

この規則は、子ども・子育て支援法の施行の日から施行する。

附 則(平成27年10月1日規則第38号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月18日規則第10号)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前のみよし市一時的保育事業実施規則の規定に基づいて作成されている様式第1号の用紙は、改正後のみよし市一時的保育事業実施規則の規定にかかわらず、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

画像

画像

画像

みよし市一時的保育事業実施規則

平成21年3月25日 規則第3号

(平成31年4月1日施行)