○みよし市排水設備等設置基準要綱

平成16年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、快適な生活環境の確保のために実施するみよし市下水道条例(昭和62年三好町条例第14号)第8条に規定する工事に関し、必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の技術基準)

第2条 排水設備(汚水のみを排除するものに限る。)の設置基準は「下水道排水設備指針と解説(公益社団法人日本下水道協会発行)」及び「排水設備工事責任技術者講習テキスト(公益社団法人日本下水道協会発行)」を標準とする。

2 排水管の勾配、延長及び土かぶりの基準は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 勾配 市長が特別の理由があると認めた場合を除き、次の表に定めるところによる。

排水管の内径(ミリメートル)

勾配(パーセント)

100以上

2.0以上 10.0以下(卵形管は1.0以上2.0以下)

150以上

1.5以上 6.0以下

200以上

1.2以上 4.0以下

250以上

1.0以上 2.0以下

(2) 延長 排水管の内径の120倍を超えない範囲とすること。

(3) 土かぶり 最低20センチメートル以上とすること。ただし、防護等の措置が施してあるときは、この限りでない。

3 ますの内径又は内のり、深さ及びふたの基準は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 内径又は内のり及び深さ 市長が特別の理由があると認めた場合を除き、次の表に定めるところによる。

ますの内径又は内のり(センチメートル)

深さ(センチメートル)

15

80以下

20

150以下

30

200以下

75以上

200を超えるもの

(2) ふた 次に定めるところによる。

 鋳鉄製、鉄筋コンクリート製、プラスチック製等の堅固なもので、雨水の浸入及び臭気を防止するため密閉することができる構造とすること。

 プラスチック製ますを駐車場等で車両通行等大きな荷重が働く場所で使用する場合は、荷重に応じた鉄製の防護ふた等を使用するものとすること。

(公共ますの技術基準)

第3条 公共ますの内径又は内のり、深さ及びふたの基準は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 内径又は内のり及び深さ 市長が特別の理由があると認めた場合を除き、次の表に定めるところによる。

公共ますの内径又は内のり(センチメートル)

深さ(センチメートル)

20

150以下

30

200以下

75以上

200を超えるもの

(2) ふた 次に定めるところによる。

 鋳鉄製、鉄筋コンクリート製、プラスチック製等の堅固なもので、雨水の浸入及び臭気を防止するため密閉することができる構造とすること。

 プラスチック製ますを駐車場等で車両通行等大きな荷重が働く場所で使用する場合は、荷重に応じた鉄製の防護ふた等を使用するものとすること。

(委任)

第4条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

附 則

1 この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の日前に排水設備計画確認申請の施工許可を受けた計画については、従前の要綱に準ずるものとする。

附 則(平成22年1月4日)

この要綱は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成24年12月25日)

この要綱は、平成24年12月25日から施行する。

みよし市排水設備等設置基準要綱

平成16年4月1日 種別なし

(平成24年12月25日施行)

体系情報
要綱集/ 都市建設部/ 下水道課
沿革情報
平成16年4月1日 種別なし
平成22年1月4日 種別なし
平成24年12月25日 種別なし