○愛知県消防操法大会出場分団交付金交付要綱

平成24年3月21日

愛知県消防操法大会出場分団訓練等交付金交付要綱(平成13年4月1日)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、みよし市消防団の分団がみよし市の代表として愛知県消防操法大会に出場するに当たりその訓練等に要する経費に対して交付する交付金に関し、必要な事項を定めるものとする。

(交付金の交付目的)

第2条 この交付金は、みよし市消防団が愛知県消防操法大会(以下「大会」という。)に出場するに当たり、みよし市の名声を高めるために上位の成績を獲得できるよう十分な訓練を行い、消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図ることを目的とする。

(交付対象者)

第3条 交付金の交付対象者(以下「交付対象者」という。)は、みよし市消防団規則(昭和45年三好町規則第1号)第2条第1項に規定する分団でみよし市消防団の代表として大会に出場する分団とする。

(対象経費)

第4条 交付金の対象となる経費(以下「対象経費」という。)は、交付対象者が大会に出場するために必要となる次に掲げる経費とする。

(1) 操法の訓練又は大会で使用する資機材若しくは消耗品に要する費用

(2) 通信、運搬及び事務に要する費用

(3) 操法の訓練時又は大会当日の賄いに要する費用

(4) 大会の出場激励会及び報告会の開催に要する費用

(5) その他大会への出場に関し必要となる費用

(交付限度額)

第5条 交付金の交付限度額は、50万円とし、当該年度の予算の範囲内で決定された額とする。

(交付申請の期日)

第6条 規則第3条の市長が別に定める期日は、当該年度の6月10日とする。

(実績報告の期日)

第7条 規則第11条の市長が別に定める期日は、事業完了の日から起算して30日を経過した日又は当該年度の末日のいずれか早い日とする。

(要綱の見直し)

第8条 市長は、この要綱の施行後3年を超えない期間ごとにこの要綱の内容について検討し、必要が生じた場合には見直しを行うものとする。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

愛知県消防操法大会出場分団交付金交付要綱

平成24年3月21日 種別なし

(平成24年4月1日施行)