○みよし市カリヨンハウス管理規則

平成25年9月27日

規則第30号

(趣旨)

第1条 この規則は、みよし市カリヨンハウス設置条例(平成25年みよし市条例第31号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、みよし市カリヨンハウスの管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用許可)

第2条 にぎわいプラザを利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、利用しようとする日の属する月の3月前から利用日までに、にぎわいプラザ利用許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

2 市長は、にぎわいプラザの利用を許可したときは、にぎわいプラザ利用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

3 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、にぎわいプラザを利用しようとするときは、前項の利用許可書を職員に提示しなければならない。

(利用の申請等の特例)

第3条 前条第1項の規定にかかわらず、同項に定める期間にみよし市公共施設予約案内システムに関する規則(平成14年三好町規則第29号。以下「予約案内システム規則」という。)第3条の規定により登録を受けた者は、予約案内システム規則第1条の予約案内システム(以下「予約案内システム」という。)により利用の許可の申請をすることができる。

2 予約案内システムにより利用の許可を受けた者が、当該許可を受けた事項を、変更又取消しをしようとするときは、予約案内システム規則第9条の規定により行わなければならない。

(利用の変更、取消し又は使用料の還付)

第4条 第2条第2項の規定により利用の許可を受けた者は、利用の変更又は取消しをしようとするときは、にぎわいプラザ利用(変更・取消し)申請書(様式第3号)を市長に提出し、承認を受けなければならない。

2 市長は、利用の変更又は取消しを許可したときは、にぎわいプラザ利用(変更・取消し)承認通知書(様式第4号)を、申請者に交付するものとする。

3 利用者は、条例第12条で定める使用料の還付要件に該当する場合は、にぎわいプラザ使用料還付請求書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(利用許可時間)

第5条 条例別表第2に規定する利用許可時間は、準備から原状回復までに必要な一切の時間を含むものとする。

2 利用者は、利用許可時間を延長することはできない。

(遵守事項)

第6条 利用者は、条例及びこの規則に規定する事項のほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(2) みよし市カリヨンハウスその他の物件を汚損し、又は毀損するおそれのある行為をしないこと。

(3) 火災、盗難、人身事故その他の事故の防止に努めること。

(4) その他職員の指示に従うこと。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成25年11月30日から施行する。

(みよし市市民情報サービスセンターの管理及び運営に関する規則の廃止)

2 みよし市市民情報サービスセンターの管理及び運営に関する規則(平成12年三好町規則第33号)は、廃止する。

(みよし市公共施設予約案内システムに関する規則の一部改正)

3 みよし市公共施設予約案内システムに関する規則(平成14年三好町規則第29号)を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成28年3月25日規則第22号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月17日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市カリヨンハウス管理規則

平成25年9月27日 規則第30号

(平成29年2月17日施行)