○みよし市病院事業看護師修学資金貸与条例施行規程

平成26年3月20日

病管規程第3号

(貸与の申請手続)

第2条 看護師修学資金(以下「修学資金」という。)の貸与を受けようとする者は、看護師修学資金貸与申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添えて病院事業管理者(以下「管理者」という。)に提出しなければならない。

(1) 履歴書

(2) 身上調書(様式第2号)

(3) 在学証明書

(4) 戸籍謄本

(5) 保証人となるべき者の保証書(様式第3号)

(6) 誓約書(様式第4号)

(選考)

第3条 修学資金を貸与する者の選考は、前条の規定により提出した書類の審査及び面接によって行うものとする。

(借用証書)

第4条 修学資金の貸与を受けた者が、次の各号のいずれかに該当する場合には、借用証書(様式第5号)を管理者に提出しなければならない。

(1) 条例第7条第1項(同項第5号に掲げる場合を除く。)の規定に基づき、契約を解除されたとき。

(2) 養成施設を卒業したとき。

(期間の計算)

第5条 条例第8条第1項第1号又は第2項に規定する在職期間を計算する場合においては、みよし市民病院(以下「市民病院」という。)の職員となった日の属する月から市民病院の看護師でなくなった日の属する月までを算入するものとする。

2 前項の規定により在職期間を計算する場合において、当該期間中に休職若しくは停職又は育児休業の期間(以下「休職期間等」という。)があるときは、当該期間の開始の日の属する月から終了の日の属する月までの月数を控除するものとする。ただし、休職期間等が終了した月において再び休職期間等が開始したときは、その月を1月として控除するものとする。

(返還免除の申請手続)

第6条 条例第8条の規定による修学資金の返還の債務の免除をうけようとする者は、看護師修学資金返還債務免除申請書(様式第6号)を管理者へ提出しなければならない。

(免除することができる返還債務の額)

第7条 条例第8条の規定により免除することができる修学資金の返還の債務の額は、病院の職員となった日の属する月から退職又は死亡した日の属する月までの月数に、修学資金の貸与の月額を乗じて得た額とする。

(返還猶予の申請手続)

第8条 条例第10条の規定による修学資金の返還の債務の履行の猶予を受けようとする者は、看護師修学資金返還猶予申請書(様式第7号)を病院事業管理者に提出しなければならない。

(届出)

第9条 条例第3条の規定による契約の相手方(以下次項において「修学生」という。)は、次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、直ちにその旨を管理者に届け出なければならない。

(1) 氏名又は住所を変更したとき。

(2) 退学したとき。

(3) 修学に堪えない程度の心身の故障を生じたとき。

(4) 休学し、又は停学の処分を受けたとき。

(5) 復学したとき。

(6) 保証人の氏名、住所若しくは職業に変更があったとき、又は保証人が死亡したとき若しくは破産手続開始の決定があったとき、その他保証人として適当でない理由が生じたとき。

(7) 修学資金の貸与を受けて養成施設を卒業したとき。

(8) 看護師の免許を取得したとき。

2 条例第6条の規定による保証人は、修学生又は修学資金の貸与を受けた者が、死亡又は失踪したときは、直ちにその旨を管理者に届け出なければならない。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか、修学資金の貸与に関し必要な事項は、管理者が定める。

附 則

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市病院事業看護師修学資金貸与条例施行規程

平成26年3月20日 病院事業管理規程第3号

(平成26年4月1日施行)