○みよし市要保護者対策地域会議に関する要綱

平成27年2月20日

みよし市要保護者対策地域協議会設置要綱(平成25年4月1日)の全部を改正する。

(目的)

第1条 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(平成17年法律第124号)第3条第1項、障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(平成23年法律第79号)第35条及び障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)第17条の規定に基づき、地域における高齢者、障がい者等(以下「要保護者」という。)の虐待の防止、虐待を受けている要保護者の早期発見及び適切な保護、要保護者の養護者に対する支援、障がいを理由とする差別を解消するための取組等について外部の視点からの意見又は助言を求めるため、みよし市要保護者対策地域会議(以下「会議」という。)を開催することに関し必要な事項を定めるものとする。

(意見等を求める事項)

第2条 会議において意見又は助言を求める事項は、次のとおりとする。

(1) 要保護者及びその養護者についての関係機関等相互の情報交換及び状況把握に関すること。

(2) 要保護者の虐待の防止に係る具体的な施策の検討に関すること。

(3) 要保護者の早期発見及び適切な保護を円滑に実施するための関係機関等相互の連携に関すること。

(4) 要保護者に関する理解を深めるための啓発活動に関すること。

(5) 障がいを理由とする差別を解消するための情報交換及び取組に関すること。

(6) その他要保護者の虐待防止及び障がい者差別に関すること。

(出席者)

第3条 市長は、次に掲げる者のうちから、会議への出席を依頼する。

(1) 豊田加茂医師会を代表する者

(2) 豊田警察署を代表する者

(3) 民生児童委員を代表する者

(4) 愛知県司法書士会を代表する者

(5) みよし市社会福祉協議会を代表する者

(6) 地域包括支援センターを代表する者

(7) 居宅介護支援事業所を代表する者

(8) 老人福祉施設を代表する者

(9) 障がい者相談支援事業所を代表する者

(10) 障がい福祉事業所を代表する者

(11) 障がい者相談支援地域アドバイザー

(12) みよし市福祉部長

(13) みよし市子育て健康部長

(14) みよし市教育部長

(会議の運営)

第4条 会議の出席者は、その互選により会議を進行する座長を定めることができる。

2 市長は、必要があると認めるときは、会議に関係者の出席を求め、その意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(開催期間)

第5条 会議の開催期間は、1年間を目途とする。

(謝礼)

第6条 第3条に掲げる者(第5号第12号第13号及び第14号を除く。)のうち、会議に出席した者への謝礼の額は、みよし市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償支給に関する条例(昭和31年三好村条例第11号)別表上記に定める委員等以外の委員等の項に掲げる額に相当する額とする。

(庶務)

第7条 会議の庶務は、福祉部福祉課において処理する。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、会議に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要綱は、平成27年2月20日から施行する。

附 則(平成27年12月28日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

みよし市要保護者対策地域会議に関する要綱

平成27年2月20日 種別なし

(平成30年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 福祉部/ 福祉課
沿革情報
平成27年2月20日 種別なし
平成27年12月28日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし
平成30年3月30日 種別なし