○みよし市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例

平成27年3月24日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例における用語の意義は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)の定めるところによる。

(保育所における保育料の徴収)

第3条 市長は、みよし市立保育所の設置及び管理に関する条例(昭和60年三好町条例第12号)第2条の規定により設置するみよし市立保育所(以下「市立保育所」という。)において特定教育・保育を提供した際は、教育・保育給付認定保護者(満3歳未満保育認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者に限る。)から次条第1項の保育料を徴収する。

2 市長は、市立保育所以外の保育所において特定教育・保育を提供した際は、教育・保育給付認定保護者(満3歳未満保育認定子どもに係る教育・保育給付認定保護者に限る。)から次条第1項の保育料を徴収する。

(保育料の額)

第4条 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料(みよし市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例(平成26年みよし市条例第25号。以下「基準条例」という。)第13条第1項及び第43条第1項に規定する利用者負担額をいう。以下同じ。)は、法第27条第3項第2号、第28条第2項各号、第29条第3項第2号及び第30条第2項各号並びに附則第9条第1項各号に掲げる額を限度として、当該教育・保育給付認定保護者の属する世帯の所得の状況その他の事情を勘案して市長が規則で定める額とする。

2 前項の規定にかかわらず、月の途中において入所し、又は退所した場合におけるその月の利用者負担額は、日割計算により算定した額とする。ただし、その額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

(市立保育所における延長保育利用料の徴収)

第5条 市長は、市立保育所において延長保育を受ける小学校就学前子どもの教育・保育給付認定保護者から延長保育利用料を徴収する。

2 延長保育利用料の額は、別表第1に定める額の範囲内において、市長が規則で定める。

(市立保育所における休日保育の延長保育利用料の徴収)

第6条 市長は、市立保育所において休日保育の延長保育を受ける小学校就学前子どもの教育・保育給付認定保護者から休日保育の延長保育利用料を徴収する。

2 休日保育の延長保育利用料の額は、別表第1に定める額の範囲内において、市長が規則で定める。

(市立保育所における一時的保育利用料の徴収)

第7条 市長は、市立保育所において一時的保育事業を受ける小学校就学前子どもの保護者から一時的保育利用料を徴収する。

2 一時的保育利用料の額は、別表第1に定める額の範囲内において、市長が規則で定める。

(市立保育所における食事の提供に要する費用の徴収)

第8条 市長は、基準条例第13条第4項第3号アからまでに掲げるものを除き、市立保育所において食事(主食及び副食をいう。)の提供を受ける小学校就学前子ども(ただし、満3歳以上の子ども(満3歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子どもを除く。)に限る。)の保護者から食事の提供に要する費用(主食の提供に要する費用及び副食の提供に要する費用をいう。以下「給食費」という。)を徴収する。

2 給食費の額は、別表第2に定める額の範囲内において、市長が規則で定める。

(保育料等の減免)

第9条 市長は、教育・保育給付認定保護者等が災害その他やむを得ない事情により第3条から前条までに規定する保育料、延長保育利用料、休日保育の延長保育利用料、一時的保育利用料又は給食費(以下「保育料等」という。)を負担することができないと認めるときは、規則で定めるところにより、これを減額し、又は免除することができる。

(保育料等の納付)

第10条 教育・保育給付認定保護者等は、規則で定める日までに保育料等を納付しなくてはならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(みよし市保育の実施に関する条例の廃止)

2 みよし市保育の実施に関する条例(平成21年三好町条例第6号)は、廃止する。

附 則(平成27年10月1日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後のみよし市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例別表の規定は、平成28年4月1日以後の延長保育利用料、休日保育の延長保育利用料、一時的保育利用料及び一時的保育の延長利用の加算額から適用し、平成28年3月31日以前の延長保育利用料、休日保育利用料、一時的保育利用料及び一時的保育の延長利用の加算額については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月30日条例第51号)

この条例は、令和元年10月1日から施行する。

別表第1(第5条、第6条、第7条関係)

区分

利用料の額(1回につき)

延長保育利用料

2,200円

休日保育の延長保育利用料

100円

一時的保育利用料

2,100円

一時的保育の延長利用の加算額

100円

別表第2(第8条関係)

区分

月額

日額

主食費

600円

30円

副食費

3,600円

180円

みよし市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例

平成27年3月24日 条例第6号

(令和元年10月1日施行)