○みよし市認知症地域支援・ケア向上事業実施要綱

平成27年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号)第115条の45第2項第6号に定める認知症総合支援事業の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事業主体)

第2条 事業の実施主体は、みよし市とする。ただし、市長は、事業の全部又は一部を適切な事業運営が確保できると認める法人その他の団体に委託して実施することができる。

(事業の内容)

第3条 事業の内容は、次のとおりとする。

(1) 認知症に係る医療機関、介護サービス提供機関その他支援機関等との連絡及び調整等に関すること。

(2) 認知症の人とその家族(以下「認知症の人等」という。)に対する適切な相談支援体制の構築に関すること。

(3) 認知症の人等、地域住民及び専門職が集い、認知症の人等の負担軽減等を図るための認知症カフェの開設等に関すること。

(4) 認知症の人等に対する支援のための研修会の開催に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、認知症の人等に対する支援及び認知症ケアの向上を図るために必要な事項に関すること。

(認知症地域支援推進員の配置)

第4条 市長は、前条に規定する事業を円滑かつ効果的に実施するため、認知症地域支援推進員(以下「推進員」という。)を福祉部長寿介護課、福祉部長寿介護課訪問看護ステーション、子育て健康部健康推進課、市民病院地域連携室並びにきたよし地域、なかよし地域及びみなよし地域の地域包括支援センターに配置する。

2 市長は、推進員の資質向上を図るため、研修の機会の確保に努めるものとする。

3 推進員は、みよし市認知症初期集中支援実施要綱(平成28年4月15日)第6条及び第7条に基づく活動及び会議において、連携に努めなければならない。

4 前項の実施を効果的に行うため、みよし市認知症初期集中支援事業実施要綱第2条に規定する認知症初期集中支援チームに認知症地域支援推進員を配置するものとする。

(秘密の保持)

第5条 事業の実施者及び従事者は、事業の実施上で知り得た個人の情報及び秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年7月21日)

この要綱は、平成28年8月1日から施行する。

附 則(平成29年4月28日)

この要綱は、平成29年5月1日から施行する。

みよし市認知症地域支援・ケア向上事業実施要綱

平成27年4月1日 種別なし

(平成29年5月1日施行)

体系情報
要綱集/ 福祉部/ 長寿介護課
沿革情報
平成27年4月1日 種別なし
平成28年7月21日 種別なし
平成29年4月28日 種別なし