○みよし市中学生平和学習広島派遣事業補助金交付要綱

平成28年5月30日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、みよし市中学生平和学習広島派遣事業に対する補助金の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 この補助金は、みよし市平和都市宣言(平成22年6月11日)に基づく、みよし市中学生平和学習広島派遣事業に対し助成することにより、次代を担う中学生が平和の尊さを学ぶことに資することを目的とする。

(補助事業者)

第3条 補助金の交付対象者(以下「補助事業者」という。)は、みよし市が設置する中学校に通学する生徒及びその生徒を引率する者とする。

(補助事業)

第4条 補助金の交付対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、補助事業者が行う次に掲げる事業とする。

(1) 広島市原爆死没者慰霊式及び広島市平和祈念式に参加する事業

(2) 広島市平和記念公園等の平和施設を見学する事業

(3) その他前2号に付随する事業

(補助対象経費)

第5条 補助金の交付対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助事業に要する経費のうち、旅費及び需用費(教材の購入及び事業報告書の作成に要する経費に限る。)とする。

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、補助対象経費の10分の9(引率者は10分の10)以内の額とする。

(交付申請の期日)

第7条 規則第3条の市長が別に定める期日は、事業実施の1月前とする。ただし、市長が必要と認めたときはこの限りでない。

(実施報告の期日)

第8条 規則第11条の市長が別に定める期日は、補助事業が完了した日から起算して15日を経過する日とする。

(交付の方法)

第9条 補助金は、概算払いにより交付するものとする。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年6月1日から施行する。

附 則(平成29年5月26日)

この要綱は、平成29年5月26日から施行する。

みよし市中学生平和学習広島派遣事業補助金交付要綱

平成28年5月30日 種別なし

(平成29年5月26日施行)