○みよし市教育委員会行政文書管理規程

平成28年3月31日

教委規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、教育委員会の事務の処理を適正にし、その能率的な運営を図るため、行政文書の管理について必要な事項を定めるものとする。

(文書の起案)

第2条 職務上、作成し、又は取得した文書(以下「文書」という。)の起案は、みよし市教育委員会教育長の権限に属する事務の決定権限に関する規程(平成16年三好町教育委員会規程第1号)の定めにより、決定書により行う。ただし、定例のもので一定の薄冊で処理できるもの、若しくは軽易な文書で処理案を当該文書に記載して処理できるものは、この限りでない。

(文書の記号及び番号)

第3条 文書には、文書の記号及び番号を付けなければならない。ただし、簡易な文書で処理経過を把握する必要がないとき認められるものについては、番号を省略し、又は「号外」として処理することができる。

2 文書の記号は、次に定めるとおりとし、許可、認可等の行政処分に係る文書にあっては、「み教」と課を表す略号の間に「令」の文字を記入するものとする。

(1) 教育行政課 み教行

(2) 学校教育課 み教学

(3) スポーツ課 み教ス

(4) 生涯学習推進課 み教生

3 課長は、前項の規定により難いと認めるときは、前項の課を表す略号の後に当該課の所掌事務を表す略号を記入することにより、記号を付することができる。この場合において、課長は、事前に教育行政課長と協議し、その承認を得なければならない。

4 文書番号は、記号ごとに毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。ただし、同一事案に属する往復文書は、特に課長が必要と認めたものを除き、完結するまで同一番号を用いる。

5 規則、告示、訓令、訓及び内訓の文書は、暦年番号とし教育行政課において毎年それぞれ順位番号を付け、令達番号簿に搭載しなければならない。

(文書の発信者名)

第4条 文書の発信者名は、原則として教育長名を用いるものとする。

(公印の押印)

第5条 施行文書には、みよし市教育委員会公印規則(昭和56年三好町教育委員会規則第5号)第8条の規定により公印を押印しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる文書については、公印を省略するものとする。

(1) 市の機関に発する文書

(2) 軽易な往復文書

(3) 書簡文

3 前項第2号の場合においては、文書に「(公印省略)」の記載をするものとする。ただし、その必要がないと認めるときは、当該記載を省略することができる。

(準用)

第6条 この規程に定めるもののほか、行政文書の管理については、みよし市行政文書管理規程(平成14年三好町規程第3号)の規定を準用する。この場合において、この規定中「副市長」とあるのは「教育長」と読み替えるものとする。

附 則

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

みよし市教育委員会行政文書管理規程

平成28年3月31日 教育委員会規程第3号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成28年3月31日 教育委員会規程第3号