○みよし市青少年補導員設置要綱

平成28年4月1日

(設置)

第1条 問題のある青少年の早期発見と早期補導に当たり、青少年の非行化防止、危険防止及び環境の浄化に努め、青少年の健全な育成を図るため、青少年補導員(以下「補導員」という。)を置く。

(活動内容)

第2条 補導員は、次に掲げる活動を定期的に行い、青少年の動向の実態を把握し、各関係団体への助言を行うものとする。

(1) 地域補導活動(次条第2項の規定に基づく各担当地区を主とした市内全域において実施する巡回等の補導活動又は教育委員会が実施する補導員研修への参加をいう。)

(2) 特別補導活動(三好池まつり、三好いいじゃんまつり又は三好大提灯まつりにおいて実施する巡回等の補導活動をいう。)

(3) 教育委員会が開催する補導員の情報交換会議への参加

(委嘱)

第3条 補導員は、前条各号に掲げる活動を行うために必要な熱意と能力を有する者のうちから、教育委員会が委嘱する。

2 補導員は、各小・中学校区に1名以上置く。

(任期)

第4条 補導員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、補欠の補導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(秘密の保持)

第5条 補導員は、その活動において知り得た秘密を漏らしてはならない。補導員を退いた後も、同様とする。

(解嘱)

第6条 教育委員会は、補導員が次のいずれかに該当するときは、第3条第1項の規定による委嘱を解くことができる。

(1) 心身の故障のため、第2条各号に掲げる活動を行うのに支障があり、又はこれに堪えないとき。

(2) 補導員たるにふさわしくない非行があったとき。

(謝礼)

第7条 補導員への謝礼については、第2条各号に掲げる活動1回につき1,000円とし、予算の範囲内において支払うものとする。

2 前項の規定にかかわらず、第2条第1号に掲げる地域補導活動のうち、2時間を超過する活動(補導員研修への参加に限る。)に対する謝礼については、同項に規定する金額に1,000円を加算する。

3 謝礼の支払は、口座への振込とし、四半期ごとの実績払とする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年2月18日)

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

みよし市青少年補導員設置要綱

平成28年4月1日 種別なし

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 教育行政課
沿革情報
平成28年4月1日 種別なし
令和2年2月18日 種別なし