○みよし市スポーツ大会出場選手激励金交付要綱

平成29年2月1日

(目的)

第1条 この要綱は、世界大会又は全国大会(以下「世界大会等」という。)に出場しようとする者に対し、激励金を交付することにより、世界大会等に出場する選手を激励し、スポーツの振興及び青少年の健全育成に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 世界大会 オリンピック競技大会、パラリンピック競技大会、公益財団法人日本オリンピック委員会において国際総合競技大会として公認されている大会、JOC正加盟団体が派遣する世界選手権大会、財団法人日本スポーツ協会加盟の中央競技団体が選手を派遣するアジア選手権大会及び日本パラリンピック委員会加盟競技団体が選手を派遣する世界選手権大会又はアジア選手権大会をいう。

(2) 全国大会 国民体育大会、全国青年大会体育の部、財団法人日本中学校体育連盟が主催する体育大会、財団法人全国高等学校体育連盟が主催する体育大会、日本高等学校野球連盟、公益社団法人日本学生陸上競技連合、全国スポーツ・レクリエーション祭、財団法人日本スポーツ協会又はこれに加盟する中央競技団体(所属の中央統括団体を含む。)が主催する日本選手権大会、みよし市が生涯スポーツとして普及活動を実践するレクリエーションスポーツの全国大会及び公益財団法人日本障がい者スポーツ協会又は日本パラリンピック委員会加盟競技団体が主催する日本選手権大会をいう。

(対象者)

第3条 激励金の交付対象者(以下「激励金対象者」という。)は、本市の住民基本台帳に記録されている者又は市内に所在する学校に通学する者で、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 県大会、全国大会等からの予選大会により出場資格を得た者又は世界大会等における標準記録を超え、中央競技団体から予選を免除され世界大会等に出場する者

(2) 当該年度にこの要綱による激励金の交付を受けていない者

(3) 本人及び本人と同一の世帯に属する者が市税等を滞納していない者

(激励金の額等)

第4条 激励金の額は、次に定めるとおりとし、予算の範囲内で交付する。

(1) 世界大会

 個人3万円

 団体1人当たり3万円(ただし30万円を限度とする。)

(2) 全国大会

 個人5千円

 団体1人当たり5千円(ただし5万円を限度とする。)

2 激励金の交付は、当該年度において世界大会等を通じてそれぞれ1回とする。

(交付申請の期日等)

第5条 激励金の交付を受けようとする者(団体の場合はその代表者)は、みよし市スポーツ大会出場選手激励金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、世界大会等開催の前日までに、市長に申請しなければならない。ただし、当該期日までに提出することができないやむを得ない事情があると市長が認める場合は、この限りではない。

(1) 予選大会開催要項及び予選大会の結果がわかる資料又は中央競技団体からの推薦状

(2) 世界大会等要項又はプログラム等大会の内容がわかるもの

(3) 出場登録を証する書類(出場選手名簿等)

(交付の決定)

第6条 市長は、前条の規定により激励金の交付の申請があったときは、その内容を審査し、必要に応じ調査を行い、激励金の交付を適当と認めたときは、交付の決定をするものとする。

2 市長は激励金の交付の決定をする場合において、激励金の交付の目的を達成するため必要があるときは、条件を付することができる。

(決定の通知)

第7条 市長は、激励金の交付の決定をしたときは、速やかにみよし市スポーツ大会出場選手激励金交付決定通知書(様式第2号)により、その内容の決定及びこれに付した条件を激励金の交付の申請をした者に通知しなければならない。

(激励金の請求)

第8条 前条の規定により激励金の交付の決定を受けた者は、みよし市スポーツ大会出場選手激励金請求書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(実績報告の期日等)

第9条 激励金の交付を受けた者は、みよし市スポーツ大会出場選手激励金交付実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて、大会終了後15日以内又は当該年度の末日のいずれか早い日までに、大会の結果等を市長に報告しなければならない。

(1) 賞状の写し又は成績のわかるもの

(2) 団体の場合は、出場選手名簿

(交付決定の取消し及び激励金の返還)

第10条 市長は、激励金の交付を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、激励金の交付の決定を取り消し、みよし市スポーツ大会出場選手激励金返還通知書(様式第5号)に返還の理由を記載し、当該激励金を返還させるものとする。

(1) 偽りその他不正な手段により激励金の交付を受けたとき。

(2) 交付決定の際に付した条件に違反したと認めるとき。

(3) 大会を欠場する等激励金の交付の要件に該当しなくなったとき。

(要綱の見直し)

第11条 市長は、この要綱の施行後4年を超えない期間ごとにこの要綱の内容について検討し、必要が生じた場合には見直しを行うものとする。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

2 この要綱は、令和3年3月31日限り、その効力を失う。

附 則(平成30年3月27日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。ただし、附則第2項の改正規定は平成30年3月27日から施行する。

附 則(令和元年6月28日)

この要綱は、令和元年6月28日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市スポーツ大会出場選手激励金交付要綱

平成29年2月1日 種別なし

(令和元年6月28日施行)