○みよし市くらし・はたらく相談センター事業実施要綱

平成29年3月30日

(趣旨)

第1条 この要綱は、生活のこと及び働くことに関する様々な悩み等の相談に応じ、相談者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるようになるまで切れ目のない支援を行う事業(以下「事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市は、事業の実施場所として、みよし市ふれあい交流館内にみよし市くらし・はたらく相談センター(以下「センター」という。)を置く。

(対象者)

第3条 事業の対象者は、生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号)第2条第1項に規定する生活困窮者、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第4条第1項に規定する障害者及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)第4条第2項に規定する障害児とその保護者(以下「生活困窮者等」という。)とする。

(事業の内容)

第4条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 生活困窮者自立支援法第2条第2項に規定する生活困窮者自立相談支援事業

(2) みよし市生活困窮者就労準備支援事業実施要綱に規定する業務

(5) その他事業の目的を達成するために必要と認める業務

(職員の配置)

第5条 センターに、統括を置く。

2 統括は、生活困窮者等の支援に関する専門的知識を有する社会福祉士等の資格を保有する者とする。

3 統括は、センターにおいて前条各号に掲げる業務を担当する職員に対し、助言及び指導をすることができる。

(関係機関との連携)

第6条 センターは、生活困窮者等に対する支援を提供している関係機関と連携し、センターの業務が円滑かつ効果的に行われるよう努めるものとする。

(運営会議の開催)

第7条 センターは、事業の運営を円滑に進めるため、運営会議を年2回以上開催するものとする。

2 運営会議は、次に掲げる機関に属する職員をもって充てる。

(1) ハローワーク豊田

(2) あいち豊田農業共同組合

(3) 西三河北部障がい者就業・生活支援センター

(4) 第4条各号に掲げる各事業の受託法人の代表

(5) みよし市環境経済部産業課

(6) みよし市福祉部福祉課

(7) その他市長が認めたもの

3 運営会議の事務局は、センターに置くものとする。

4 運営会議にオブザーバーを置くことができる。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

みよし市くらし・はたらく相談センター事業実施要綱

平成29年3月30日 種別なし

(平成29年4月1日施行)