○みよし市定期予防接種費用助成金交付要綱

平成26年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号)に定めるもののほか予防接種法(昭和23年法律第68号。以下「法」という。)第5条第1項に規定する予防接種(以下「予防接種」という。)について、本市が一般社団法人豊田加茂医師会(以下「医師会」という。)及び公益社団法人愛知県医師会(以下「県医師会」という。)との間に締結した契約に基づき予防接種を実施する医療機関で接種する以外の方法により、自己の負担で当該予防接種を受けた場合において、本市が予防接種費用の全部又は一部を助成することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 対象者(以下「被接種者」という。)は、予防接種を行う日において住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により、本市の住民基本台帳に記録されている者のうち、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 里帰り出産のため、本市及び豊田市(以下「本市等」という。)以外に滞在するもの

(2) 家庭内暴力等のため、本市等以外に滞在するもの

(3) 長期入院治療、長期施設入所その他通常の方法により接種を受けることが困難と認められるもの

(4) その他市長がやむを得ない理由があると認めるもの

2 助成を受けることができる者は、予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病(以下「A類疾病」という。)については被接種者の保護者(当該被接種者の親権を行う者又は現に養育している者をいう。ただし、被接種者が既婚者である場合を除く。以下同じ。)、同条第3項に規定するB類疾病(以下「B類疾病」という。)については被接種者本人とする。

3 被接種者は、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)その他関係する法令、通知及び事務連絡等に定める方法を遵守しなければ予防接種費用の助成を受けることができない。

(依頼書発行申請)

第3条 A類疾病の依頼書発行を希望する者(以下「A類疾病依頼書発行希望者」という。)は、予め定期予防接種依頼書発行申請書(様式第1号)に母子健康手帳又は予防接種済証その他予防接種の記録が記載されているものの写しを添えて、市長に申請しなければならない。

2 B類疾病の依頼書発行を希望する者(以下「B類疾病依頼書発行希望者」という。)は、予め高齢者用定期予防接種依頼書発行申請書(様式第2号)により市長に申請しなければならない。

3 市長は、前2項に規定する申請があったときは、その内容を審査、助成の可否を決定し、A類疾病依頼書発行希望者に対しては、定期予防接種依頼書(様式第3号)、定期予防接種依頼連絡票(様式第5号)を、B類疾病依頼書発行希望者には、高齢者用定期予防接種依頼書(様式第4号)、高齢者用定期予防接種依頼連絡票(様式第6号)を、又は定期予防接種依頼書発行申請却下通知書(様式第7号)を通知するものとする。

(助成金の額)

第4条 A類疾病の予防接種に係る助成金の額は、接種した日の年度において、本市と医師会が締結している予防接種に関する委託契約に定める契約金額を上限とし、予防接種に要した実費額とを比較していずれか少ない額とする。

2 B類疾病の予防接種に係る助成金の額は、接種した日の年度において、本市と医師会が締結している予防接種に関する委託契約に定める契約金額を上限とし、予防接種に要した実費額からみよし市個別予防接種実施要領に定める自己負担額を控除した額とを比較していずれか少ない額とする。

(保護者の同伴)

第5条 A類疾病の予防接種を行うときは、保護者が同伴しなければならない。ただし、予防接種を行う日において満13歳以上の日本脳炎及びヒトパピローマウイルス感染症の予防接種において、予め接種することについて保護者が同意した書類(以下「同意書」という。)を予診票に添付した者及び被接種者が既婚者である場合については、保護者の同伴を要しないものとする。

(交付申請等)

第6条 A類疾病の助成交付申請をする者(以下「A類疾病助成申請者」という。)は、被接種者が予防接種を受けた年度において、定期予防接種費用助成金交付申請書(様式第8号)に、次に掲げる書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(1) 領収書

(2) 予診票

(3) 母子健康手帳又は予防接種済証その他予防接種の記録が記載されているものの写し

(4) 同意書

(5) その他市長が必要と認める書類

2 B類疾病の助成交付申請をする者(以下「B類疾病助成申請者」という。)は、被接種者が予防接種を受けた年度において、高齢者用定期予防接種費用助成金交付申請書(様式第9号)に、次に掲げる書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(1) 領収書

(2) 予診票

(3) 予防接種済証の写し

(4) その他市長が必要と認める書類

3 市長は、前2項に規定する申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、定期予防接種費用助成金交付決定通知書(様式第10号)により助成を受けることができる者(以下「助成決定者」という。)に通知するものとする。

4 市長は、助成金の交付を却下したときは、A類疾病助成申請者又はB類疾病助成申請者に定期予防接種費用助成金交付却下通知書(様式第11号)を通知するものとする。

5 市長は、助成金の交付を決定したときは、助成決定者に対して速やかに助成金を支払うものとする。

(助成金の返還)

第7条 市長は、被接種者等の虚偽の記載その他不正行為により助成金の交付を受けた者があるときは、その者から交付した助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(台帳の整備)

第8条 市は、接種状況を明確にするため、予防接種履歴を台帳に記録し、5年間保存する。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像画像画像

画像画像画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

みよし市定期予防接種費用助成金交付要綱

平成26年4月1日 種別なし

(平成26年4月1日施行)