○会津美里町議会公印規程

平成17年11月21日

議会訓令第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、会津美里町議会の公印に関し必要な事項を定めるものとする。

(公印の名称等)

第2条 公印の名称、番号、寸法及び字体は、次のとおりとする。

公印の名称

番号

寸法(単位ミリメートル)

字体

福島県大沼郡会津美里町議会之印

1

方30

てん書

福島県大沼郡会津美里町議会議長之印(縦書文書用)

2

方18

古印体

福島県大沼郡会津美里町議会議長之印(横書文書用)

3

方18

古印体

会津美里町議会常任委員会委員長之印

4

方18

古印体

会津美里町議会運営委員会委員長之印

5

方18

古印体

会津美里町議会特別委員会委員長之印

6

方18

古印体

会津美里町議会事務局長之印

7

方18

古印体

2 前項に掲げる公印のひな形は、別表のとおりとする。

(公印の管理)

第3条 公印は、会津美里町議会事務局長(以下「局長」という。)が管理する。

2 局長は、公印台帳(様式第1号)を備え、公印の新調、改刻又は廃棄の都度当該台帳に必要な事項を記載して整理し、公印を常に確実に管理しなければならない。

3 公印は、公印箱に保管し、局長が定める保管場所以外に持ち出してはならない。

(公印の新調、改刻又は廃止)

第4条 局長は、公印を新調し、又は改刻する必要があるときは、公印新調(改刻)(様式第2号)を提出して議長の承認を受けなければならない。

2 局長は、公印を廃止しようとするときは、公印廃止届(様式第3号)を議長に提出しなければならない。

3 局長は、公印を改刻し、又は廃止したときは、不用となった公印を速やかに焼却しなければならない。

4 公印を新調し、又は改刻したときは、議長は、公印の名称、印影、使用の期日等必要な事項を告示する。

(事故)

第5条 局長は、公印に盗難、紛失、偽造、変造等の事故があったときは、直ちに必要な措置を講じ、かつ、公印事故届(様式第4号)を議長に提出しなければならない。

(公印の使用)

第6条 公印を使用するときは、押印すべき文書に決裁済文書を添えて局長に公印の使用を請求するものとする。

2 局長は、前項の公印使用の請求があったときは、押印すべき文書と決裁済文書とを照合審査し、相違がないことを確認してから公印の使用を許可しなければならない。

3 公印は、朱肉を用い、明確に押さなければならない。

4 公印は、原則として印影が庁名又は職名若しくは氏名の末字と重ならないように、かつ、縦書文書にあっては印影の下方と、横書文書にあっては印影の右方と本文の行末の文字との間が1字分の間隔があるように押さなければならない。

(公印の印刷)

第7条 定例的かつ多数の印刷を要する文書のうち、公印を押印すべきものについて局長が適当と認めるときは、その公印の印影を当該文書に印刷して公印の押印に代えることができる。

2 前項の場合においては、公印印刷使用願(様式第5号)によりあらかじめ局長の承認を受けなければならない。

附 則

この訓令は、平成17年11月21日から施行する。

別表(第2条関係)

1

2

3

4

画像

画像

画像

画像

5

6

7


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

会津美里町議会公印規程

平成17年11月21日 議会訓令第4号

(平成17年11月21日施行)