○会津美里町駐輪場条例

平成17年10月1日

条例第28号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の規定に基づき、路外駐輪場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 路外駐輪場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

管理者

会津高田駅前駐輪場

会津美里町字柳台 会津高田駅構内

会津美里町長

会津本郷駅前駐輪場

会津若松市北会津町大字上米塚字出新田西2104

会津美里町長

新鶴駅前駐輪場

会津美里町石田字下石田甲257―2

会津美里町長

根岸駅前駐輪場

会津美里町米田字根岸126

会津美里町長

(利用時間)

第3条 前条の駐輪場(以下「駐輪場」という。)の利用時間は、午前5時から午後10時までとする。

2 町長は、特に必要と認める場合は、前項の利用時間を伸縮することができる。

(利用の休止)

第4条 町長は、特に必要と認める場合は、駐輪場の全部又は一部の利用を休止することができる。この場合において、町長は、施設の見やすい箇所にその旨を掲示するものとする。

(禁止行為)

第5条 駐輪場においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自転車の利用を妨げること。

(2) 駐輪場の施設を汚染し、又は損傷すること。

(3) 自転車置場の利用者のほか、用務のない者が駐輪場に立ち入ること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、駐輪場の管理上支障を及ぼす行為をすること。

(使用料)

第6条 駐輪場の使用料は、無料とする。

(損害賠償)

第7条 利用者は、駐輪場の施設及び備付物件を損傷し、又は滅失したときは、その損害賠償をしなければならない。ただし、町長は、相当の理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

第8条 駐輪場を利用する自転車の滅失又は損傷等の一切については、町は、その損害を賠償する責任を負わないものとする。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、自転車置場の管理運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の会津高田町自転車置場設置条例(昭和52年会津高田町条例第20条)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

会津美里町駐輪場条例

平成17年10月1日 条例第28号

(平成17年10月1日施行)