○会津美里町職員懲戒等審査委員会規則

平成17年10月1日

規則第29号

(設置)

第1条 会津美里町職員(以下「職員」という。)の分限及び懲戒処分について審査を行うため、会津美里町職員懲戒等審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第2条 委員会は、副町長、教育長、会計管理者、課長、事務局長及び教育次長をもって組織する。

2 委員長は、副町長をもって充てる。

(委員長)

第3条 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

2 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長の指定する委員がその職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議は、委員の過半数の出席により成立し、決議は出席委員の3分の2以上の同意をもって決する。

2 委員長は、必要があると認める場合は関係人の出頭を求めることができる。

3 委員会の会議は、公開しない。

(審査)

第5条 任命権者は、職員が地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第1項及び第2項並びに第29条第1項に該当すると認めるときは、これを審査に付するものとする。

(除斥)

第6条 委員長及び委員は、自己又は三親等以内の親族に関する事件の審査を行う会議に加わることができない。

(会議録)

第7条 委員長は、書記をして会議録を調整し、懲戒処分の要否、種類、程度その他必要と認める事項及び出席委員の氏名を記載させなければならない。

2 会議録には、委員長及び出席委員全員の署名をしなければならない。

(報告)

第8条 委員長は、会議録を添えて会議の結果を町長に報告しなければならない。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、総務課において所管し、書記1人を置く。

(文書類)

第10条 委員会に関する文書類は、委員長の承認がなければ、これを他に示し、又はその謄本を与えることができない。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年10月1日規則第27号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月15日規則第10号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月30日規則第38号)

この規則は、平成23年10月1日から施行する。

会津美里町職員懲戒等審査委員会規則

平成17年10月1日 規則第29号

(平成23年10月1日施行)

体系情報
第5編 事/第2章 分限・懲戒
沿革情報
平成17年10月1日 規則第29号
平成18年10月1日 規則第27号
平成19年3月15日 規則第10号
平成23年9月30日 規則第38号