○会津美里町社会教育指導員に関する規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町社会教育指導員条例(平成17年会津美里町条例第97号)の規定に基づき、社会教育指導員(以下「指導員」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(任命)

第2条 指導員は、次の各号に該当する者のうちから、会津美里町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任命する。

(1) 健康かつ活動的であること。

(2) 年齢は、満65歳未満であること。

(3) 社会教育又は学校教育に豊かな経験と識見を有し、かつ、社会教育に関する指導技術を身につけていること。

(4) 住民から信頼される者であること。

(勤務時間等)

第3条 指導員の勤務は、原則、週24時間を下らない範囲で、所属長が定める。ただし、必要に応じて勤務時間の割り振りの変更を行うことができる。

2 前項に規定する週の勤務時間は、当該週の前週の金曜日までに所属長が社会教育指導員勤務割振表(様式第1号)を作成し割り振るものとする。ただし、急を要する場合にはこの限りでない。

(服務)

第4条 指導員は、上司の指揮監督を受け、その職務上の命令に従わなくてはならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

4 指導員は、社会教育指導員日誌(様式第2号)に必要な事項を記載しなければならない。

(免職)

第5条 教育委員会は、指導員が次の各号のいずれかに該当する場合は、その職を免ずる。

(1) 自己の都合により解任を申し出た場合

(2) 勤務成績が良くない場合

(3) 予算及び定数の減少があった場合

(4) 指導員として、ふさわしくない非行のあった場合

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成26年1月22日教育委員会規則第1号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

様式第1号(第3条関係)

画像

様式第2号(第4条関係)

画像

会津美里町社会教育指導員に関する規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第26号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第26号
平成26年1月22日 教育委員会規則第1号