○会津美里町立公民館組織規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第28号

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町立公民館(以下「公民館」という。)の組織に関し必要な事項を定めるものとする。

(分掌事務)

第2条 公民館における分掌事務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 会津美里町公民館

 全公民館施設の総括管理及び保全に関すること。

 管内外の公民館との連絡調整に関すること。

 文書の収受及び発送に関すること。

(2) 高田公民館、本郷公民館及び新鶴公民館

 学習機会や情報の提供に関すること。

 公民館等施設の管理及び保全に関すること。

 設備機材及び資料の提供に関すること。

 公民館等施設の貸与及び使用料に関すること。

 社会教育関係団体並びにその他の団体及び機関との連絡調整に関すること。

 芸術文化及び文化祭に関すること。

 図書に関すること。

(3) 高田地区公民館、永井野地区公民館、旭地区公民館、藤川地区公民館、赤沢地区公民館、尾岐地区公民館及び東尾岐地区公民館

 公民館の管理保全に関すること。

 公民館の貸与に関すること。

 公民館事業の実施に関すること。

 社会教育関係団体並びにその他の団体及び機関との連絡調整に関すること。

(職及び職務)

第3条 公民館に、次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、同表の右欄に掲げるとおりとする。

職務

館長

社会教育法(昭和24年法律第207号)第27条第2項に定めるほか、上司の命を受けて館の事務を掌理する。

主任主査

上司の命を受け、特定の事務を処理する。

主査

上司の命を受け、担任の事務を処理する。

主事

上司の命を受け、事務に従事する。

主事補

上司の命を受け、補助的事務に従事する。

(専決事項)

第4条 館長が専決できる事項は、次のとおりとする。

(1) 軽易なものの許可、認可及び承認に関すること。

(2) 証明書の交付に関すること。

(3) 軽易又は定期的な事項の調査、報告、進達、通知、申請、照会、回答等に関すること。

(4) 文書の受領、督促、返戻及び訂正に関すること。

(5) 刊行物の編集及び発行に関すること。

(6) 資料の収集及び配布に関すること。

(7) 管理下にある施設の規定の範囲内の利用許可に関すること。

(8) 資料、教材及び機材の無料貸出しに関すること。

2 前項の事務であって重要又は異例と認めるものについては、教育長の決裁を受けなければならない。

(服務)

第5条 服務については、会津美里町職員服務規程(平成17年会津美里町訓令第28号)の例による。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

会津美里町立公民館組織規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第28号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第8編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会規則第28号