○会津美里町立学校施設の開放に関する実施細則

平成17年10月1日

教育委員会告示第8号

(趣旨)

第1条 この告示は、会津美里町立学校施設の開放に関する規則(平成17年会津美里町教育委員会規則第35号。以下「規則」という。)第11条の規定に基づき、学校施設の開放の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(開放する学校等)

第2条 遊び場開放を行う学校及び施設は、当分の間、別表第1に定めるとおりとする。

2 スポーツ開放を行う学校及び施設は、当分の間、別表第2に定めるとおりとする。

3 運動用具等については、利用者が用意することを原則とする。

(管理指導員)

第3条 会津美里町教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、施設開放校に1人以上の管理指導員を配置する。

2 教育委員会は、管理指導員に対し、予算の範囲内において謝金を支払うものとする。ただし、管理指導員自らの所属する団体が使用する場合のその管理指導員に対する謝金は、支払はないものとする。

3 管理指導員は、管理責任者の指示を受け開放校との連絡を密にし、次の職務を行う。

(1) 利用者の確認

(2) 施設及び設備の管理

(3) 施設利用に関する適切な指導助言

(4) 火気の取締り

(5) 清掃及び用具の整理等の指導

(6) 利用者の事故等発生時の応急措置と教育委員会及び関係者への連絡

(7) その他必要な事項

(団体の登録等)

第4条 規則第7条第2項に規定する団体の登録は、年度ごとに行うものとする。教育委員会は、利用団体として適当と認めた場合には、学校体育施設利用団体登録証(様式第1号)を交付する。

2 団体の代表者は、登録内容に変更を生じたときは、速やかに、変更事項を教育委員会に届け出なければならない。

(利用の申請と許可等)

第5条 規則第7条第1項の規定により、学校体育施設利用許可を受けた団体の代表者に対し、教育委員会は、学校体育施設利用許可書(様式第2号)を交付する。団体の代表者は、利用当日に、管理指導員に対し、学校体育施設利用許可書を提示するものとする。

(利用者心得)

第6条 利用者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 利用の権利を他に譲渡し、転貸し、又は目的外使用をしないこと。

(2) 施設開放校の校長からの要請事項

(3) 許可された施設以外の場所に立ち入らないこと。

(4) 危険な行為又は他人に迷惑を及ぼす行為はしないこと。

(5) 体育館においては、火気を使用しないこと。

(6) 喫煙の場所については、管理指導員の指示に従うこと。

(7) 事故発生のときは、適切な処置をするとともに、管理指導員に連絡すること。

(8) 利用時間を厳守すること。

(9) 施設利用の後は、用具を整理し、施設を清掃整備して管理指導員の確認を受けること。

(10) 施設利用を取りやめるときは、早急に教育委員会に連絡すること。

(11) 所定の場所以外には駐車しないこと。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の会津高田町立学校施設の開放に関する実施細則(昭和52年会津高田町教育委員会規程第2号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

別表第1(第2条関係)

学校名

施設名

町立小学校

運動場







別表第2(第2条関係)

学校名

施設名

町立小・中学校

運動場、体育館







画像

画像

会津美里町立学校施設の開放に関する実施細則

平成17年10月1日 教育委員会告示第8号

(平成17年10月1日施行)