○会津美里町民俗資料館条例

平成17年10月1日

条例第107号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項の規定に基づき、民俗資料を収集し整理保存して一般に公開し、教養、調査研究等に資するため、民俗資料館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 民俗資料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 会津美里町新鶴民俗資料館

位置 会津美里町米田字堂ノ後甲149番地

(開館日)

第3条 会津美里町新鶴民俗資料館(以下「民俗資料館」という。)の開館日は、会津美里町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が別に定める。

(開館時間)

第4条 民俗資料館の開館時間は、教育委員会が別に定める。

(入館の制限)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者については、入館を制限し、又は退館を命ずることができる。

(1) 館内の秩序を乱し、又は乱すおそれのある者

(2) 民俗資料館の建物、備品、展品等(以下「施設等」という。)を故意に損傷し、又は滅失した者

(3) その他教育委員会が不適当と認めた者

(入館料)

第6条 民俗資料館の入館料は、無料とする。

(原状回復の義務)

第7条 利用者は、施設等の利用が終わったときは、速やかに当該施設等を原状に回復し、又は搬入した物件を撤去しなければならない。

2 利用者が、前項の義務を履行しないときは、教育委員会において原状に回復し、これに要した費用は、利用者の負担とする。

(損害賠償の義務)

第8条 利用者又は入場者は、故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(専門委員会)

第9条 民俗資料の収集、整理及び保存並びに民俗資料館の運営を図るため、会津美里町民俗資料館専門委員(以下「委員」という。)を置く。

2 委員に定数は5人とし、任期は2年とする。ただし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

3 委員に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の新鶴村民俗資料館設置条例(昭和55年新鶴村条例第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 第9条第2項の規定にかかわらず、この条例の施行後初めて委嘱される委員に任期は、平成19年3月31日までとする。

会津美里町民俗資料館条例

平成17年10月1日 条例第107号

(平成17年10月1日施行)