○会津美里町子育て支援センター条例施行規則

平成23年7月7日

規則第14号

(一時保育の対象となる児童)

第2条 条例第3条第5号に規定する一時保育を利用することができる者は、満1歳から小学校就学前までの児童で、次の各号に掲げる事業の種類の区分に応じ、当該各号に定めるものとする。

(1) 非定型的保育 保護者の就労、職業訓練その他の事由により、おおむね週3日を限度として断続的に家庭での保育が困難になる児童

(2) 緊急保育 保護者の傷病、出産、親族の看護、冠婚葬祭その他社会的にやむを得ない事由により緊急かつ一時的に家庭での保育が困難となる児童

(3) 私的事由による保育 保護者の育児負担の軽減その他私的な事由により保育を必要とする児童

(一時保育の利用日数)

第3条 一時保育の利用日数は、次の各号に掲げる事業の区分に応じ当該各号に定める日数を限度とする。ただし、町長が特に必要があると認める場合は、この限りでない。

(1) 非定型的保育 1月当たり15日

(2) 緊急保育 18日

(3) 私的事由による保育 1月当たり4日

(一時保育の定員)

第4条 一時保育の定員は1日当たり10人とする。

(一時保育の利用許可の申請)

第5条 条例第7条の規定により一時保育の利用の許可を受けようとする保護者は、一時保育利用申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 前項の申請は、一時保育を利用しようとする日(以下「利用日」という。)の属する月の前月の初日から利用日の前日までに行わなければならない。ただし、町長が特に認めるものについては、この限りでない。

(一時保育の利用許可)

第6条 町長は、一時保育の利用を許可したときは、一時保育利用許可書(様式第2号)を交付する。

(一時保育の利用許可の変更等の届出等)

第7条 前条の規定により一時保育の利用許可を受けた者(以下「一時保育利用者」という。)は、申請の内容に変更が生じたときは、速やかに町長に届け出なければならない。

2 一時保育利用者は、一時保育の利用を辞退するときは、一時保育利用辞退届(様式第3号)を提出しなければならない。

(一時保育の利用料金の納付)

第8条 条例第8条の規定による利用料金の納入は、利用するときに納付しなければならない。ただし、利用時間の延長がある場合、利用を終了したときに当該延長分に係る利用料金を納付するものとする。

2 利用料金を算定する場合において、当該延長時間が15分以上のときは1時間とし、15分未満のときは切り捨てるものとする。

(職員)

第9条 会津美里町子育て支援センター(以下「センター」という。)に所長その他必要な職員を置く。

(利用者の義務)

第10条 センターの利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 館内で喫煙し、又は所定の場所以外の場所で飲食し、若しくは火気を使用しないこと。

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑をかける行為をしないこと。

(3) 他人に危害又は迷惑を及ぼす恐れのある物品を持ち込まないこと。

(4) 動物を持ち込まないこと。

(5) 許可を受けないでセンター内において物品の販売等をしないこと。

(6) その他職員の指示に従うこと。

(建物等の損傷の届出等)

第11条 センターの利用者は、建物、設備、器具等を滅失し、又は損傷したときは、直ちに職員に届け出て、その指示を受けなければならない。

(その他)

第12条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成23年8月1日から施行する。

附 則(平成23年10月1日教育委員会規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年4月1日教育委員会規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

会津美里町子育て支援センター条例施行規則

平成23年7月7日 規則第14号

(平成26年4月1日施行)