○会津美里町が経営する墓地の管理運営要綱

平成17年10月1日

告示第103号

(趣旨)

第1条 この要綱は、会津美里町が経営する墓地(以下「墓地」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象墓地)

第2条 会津美里町墓地台帳に基づき、会津美里町が経営する墓地とする。

(墓地使用者台帳)

第3条 町長は、会津美里町墓地使用者台帳(様式第1号)を整備するものとする。

(使用の許可及び条件)

第4条 墓地の使用を希望する者は、町長に会津美里町墓地使用許可申請書(様式第2号)を提出して、許可を受けなければならない。

2 町長は、墓地の管理運営上必要があるときは、前項の許可をする場合その使用について条件を付すことができる。

(使用許可書の交付及び再交付)

第5条 町長は墓地の使用を許可したときは、会津美里町墓地使用許可書(様式第3号。以下「使用許可書」という。)を交付するものとする。

2 使用許可書を紛失又は汚損したときは、町長に会津美里町墓地使用許可書再交付申請書(様式第4号)を提出して、使用許可書の再交付を受けなければならない。

(住所等の変更届等)

第6条 使用者が本籍、住所又は氏名を変更したときは、墓地使用者住所等変更届書(様式第5号)に使用許可書を添えて町長に提出しなければならない。

2 前項における変更が、会津美里町外への住所変更により、町長の許可を受けて使用する墓地(以下「墓所」という。)の維持管理について困難が見込まれるときは、本町に住所を有する者から墓地使用者代理人を選定して、墓地使用者代理人選定届書(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

3 代理人が住所又は氏名を変更したときは、墓地使用者代理人変更届書(様式第7号。以下「代理人変更届書」という。)に使用許可書を添えて町長に提出しなければならない。

4 代理人が会津美里町外に住所を変更し、又は死亡した場合は、新たに代理人を選定し、代理人変更届書に使用許可書を添えて町長に提出しなければならない。

(墓所及び墓碑の設置等)

第7条 墓所の設置面積は、6平方メートルを超えない範囲で町長が指定した場所とする。

2 墓碑その他の施設は通路及び隣接の使用者に支障を及ぼさないようにしなければならない。

3 使用者は墓碑の設置改修又は移転をしようとするときは、墓地墓碑設置等許可申請書(様式第8号)に次に掲げる書類を添えて町長に提出し許可を受けなければならない。

(1) 使用許可書

(2) 工事設計図

4 町長は、墓碑の設置等を許可したときは、墓地墓碑設置等許可書(様式第9号)を交付するものとする。

5 使用者は、第3項の工事が完成したときは、速やかに墓地墓碑設置等完成届書(様式第10号)を町長に提出し、検査を受けなければならない。

(埋葬及び改葬の手続き)

第8条 使用者は、埋葬又は改葬しようとするときは、使用許可書を町長に提出し、会津美里町墓地使用者台帳(様式第1号)に所用事項の記載を受けなければならない。この場合において、埋葬については墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)第8条に規定する火葬許可証又は埋葬許可証を、改葬については同条に規定する改葬許可証を添付しなければならない。

(使用許可の取消し)

第9条 町長は、使用者が次の各号に該当するときは、使用許可を取り消すことができる。

(1) この要綱又は使用許可の条件に違反したとき。

(2) 墓所を他に転貸したとき。

(墓地の返還)

第10条 使用者は、墓所が不要になったとき又は使用許可を取り消されたときは、会津美里町墓所返還届書(様式第11号)に使用許可書を添えて町長に提出するとともに墓所を速やかに元の状態に復し返還しなければならない。

2 町長は、使用者が前項の規定による義務を履行しないときはこれを代行し、使用者からその費用を徴収するものとする。

(墓所の承継)

第11条 使用者が死亡したときは、その祭祀を主宰する承継人(親族及び縁故人を含む。以下「承継人」という。)は、墓所の承継届書(様式第12号)に前使用者の使用許可書、承継原因を証明する書類及び住民票の写しを添えて町長に提出することにより、墓所を承継することができる。

2 承継人が町内に住所を有するときは、前項の添付書類中住民票の写しについては添付を省略することができる。

(行為の禁止)

第12条 墓地においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の使用者の施設を損傷したり、墓地施設を損傷すること。

(2) 隣接する使用者に対して支障を及ぼすような行為をしてはならない。

(3) ごみ、汚物等の廃棄物を捨てること。

(4) 通常の管理に必要とされる以外にむやみに竹木を伐採すること。

(5) 土地の形質を変更し、又は土石類を採取すること。

(6) 墓地をその用途以外に使用すること。

(損害賠償)

第13条 墓地において、故意又は過失により町の設備又は他人の施設を損傷し、又は滅失した者は、速やかに原形に復し、その損害を賠償しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の会津高田町が経営する墓地の管理運営要綱(平成17年会津高田町告示第36号)又は会津本郷町蛭ケ窪墓地管理要綱(平成10年会津本郷町告示第19号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、それぞれこの要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年7月1日告示第36号)

この要綱は、平成19年7月1日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

会津美里町が経営する墓地の管理運営要綱

平成17年10月1日 告示第103号

(平成19年7月1日施行)