○会津美里町高額療養費支払資金貸付条例施行規則

平成17年10月1日

規則第51号

(申請)

第2条 条例第4条第1項の規定による申請は、条例第3条に規定する被保険者又は組合員(以下「被保険者等」という。)が高額療養費貸付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて行わなければならない。

(1) 療養を受けた医療機関等の請求金額の明細を記した請求書

(2) 高額療養費貸付対象外の金額に係る領収書の写し

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

2 前項の申請は、被保険者証又は組合員証を提示して行わなければならない。

(貸付承認・不承認決定通知)

第3条 条例第4条第2項の決定は、高額療養費貸付承認・不承認決定通知書(様式第2号)によって被保険者等に通知する。

2 前項の貸付承認の通知を受けた被保険者等は、次に掲げる書類を町長に提出しなければならない。

(1) 借用証書(様式第3号)

(2) 条例第2条に規定する医療保険各法の規定に基づく高額療養費支給申請書

3 条例第5条第2号に規定する委任状(様式第4号)

(過不足額の調整)

第4条 条例第7条第2項の貸付金に相当する金額を町長が受領したときは、これを貸付金の弁済に充当するものとし、当該金額に過不足が生じた場合は、高額療養費貸付金精算書(様式第5号)によって超過額は交付し、不足額は1月以内の期限を付して納付させるものとする。ただし、町長が特に必要があると認めたときは、6月以内の期限を付して延納させることができる。

2 被保険者等は、前項の期限までに不足額を納付しないときは、当該期限の翌日から納付の日までその日数に応じ、年14.6パーセントの割合で計算した延滞金を町長に納付しなければならない。

(変更の届出)

第5条 被保険者等は、条例第4条第1項の申請に係る変更があった場合は、速やかにその旨を町長に届け出なければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の会津本郷町高額療養費支払資金貸付条例施行規則(平成14年会津本郷町規則第18号)又は新鶴村高額療養費貸付基金の設置及び管理に関する条例施行規則(昭和59年新鶴村規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年8月31日規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の様式により使用されている様式は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

附 則(平成28年3月28日規則第7号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

会津美里町高額療養費支払資金貸付条例施行規則

平成17年10月1日 規則第51号

(平成28年4月1日施行)