○会津美里町国民健康保険短期被保険者証交付要綱

平成17年10月1日

告示第109号

(趣旨)

第1条 この要綱は、国民健康保険法施行規則(昭和33年厚生省令第53号)第7条の2第2項の規定に基づき、国民健康保険税を滞納している世帯主(以下「滞納者」という。)に係る被保険者証につき通常定める期日より前の期日を定める被保険者証(以下「短期被保険者証」という。)を交付し、滞納者との納付相談等の機会を増やし、国民健康保険税の負担の公平と円滑な収納を促進する。

(交付の対象者)

第2条 短期被保険者証の交付の対象となる者は、会津美里町国民健康保険被保険者資格証明書の交付等に関する要綱(平成17年会津美里町告示第108号。以下「被保険者資格証明書交付要綱」という。)により被保険者証の返還対象となる者を除く次に掲げる滞納者とする。

(1) 督促、催告及び納税相談等に一向に応じない者

(2) 分納誓約を履行できない者

(3) 被保険者資格証明書交付要綱において、被保険者証返還対象とならない者

(4) その他国民健康保険税の負担の公平から、町長が必要と認める者

(短期被保険者証の交付)

第3条 短期被保険者証の交付は、会津美里町国民健康保険被保険者証の更新規則(平成17年会津美里町規則第86号。以下「更新規則」という。)第2条第2号に定める日を基準として交付するものとする。この場合において、有効期限は6箇月以内とし、有効期限が到来した時点において、随時更新するものとする。ただし、被保険者資格証明書交付要綱第11条第1号及び第2号に掲げる被保険者証の返還の解除事由により同要綱第12条の規定による被保険者証の交付を受ける者については、その解除の日とし、有効期限が到来した場合は前例によるものとする。

2 短期被保険者証の交付は、原則として窓口で行い、同時に納付相談を実施するものとする。ただし、緊急及びその他特別の事由がある場合は、この限りでない。

(適用の解除)

第4条 短期被保険者証の交付を受けている者で、次の各号のいずれかに該当するものについては、その事由が発生した時点において、更新規則に定める有効期限までの被保険者証を交付する。

(1) 滞納している国民健康保険税を完納したとき。

(2) 分納誓約等の履行により、滞納国民健康保険税の著しい減少があったとき。

(3) その他町長が認めたとき。

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の会津本郷町国民健康保険短期被保険者証交付要綱(平成13年会津本郷町告示第30号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

会津美里町国民健康保険短期被保険者証交付要綱

平成17年10月1日 告示第109号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第9編 生/第4章 国民健康保険
沿革情報
平成17年10月1日 告示第109号