○会津美里町街なみ公園条例

平成17年10月1日

条例第162号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、街なみ環境整備事業により整備する小公園、広場、緑地及びその附帯設備等(以下「街なみ公園」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 街なみ公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

瀬戸の子公園

会津美里町字瀬戸町甲3182番3

お地蔵公園

会津美里町字瀬戸町甲3203番

化石の広場

会津美里町字瀬戸町甲3208番の一部

ねがいの杜

会津美里町字本郷上甲3122番の一部

こんぴら公園

会津美里町字川原町甲1100番1

桜の広場

会津美里町字新町223番17

石のこ公園

会津美里町字瀬戸町甲3272番7

水車の広場

会津美里町字瀬戸町甲3260番

白鳳入口広場

会津美里町字瀬戸町甲3166番3

瀬戸町ふれあい広場

会津美里町字瀬戸屋前甲2220番

(管理)

第3条 町長は、街なみ公園を常に良好な状態において管理し、最も効果的に利用し、かつ、安全確保に努めるものとする。

(行為の禁止)

第4条 街なみ公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、第1号から第8号までに掲げる行為については、あらかじめ町長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(1) 物品の販売、興行その他営業行為をすること。

(2) 街なみ公園の全部又は一部を独占して利用すること。

(3) 工作物その他の物件又は施設を設けて街なみ公園を利用すること。

(4) 竹木を伐採し、又は植物を折損及び採取すること。

(5) 鳥獣類等を捕獲し、又は殺傷すること。

(6) 張り紙若しくは張り札をし、又は広告を表示すること。

(7) 立入禁止区域に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外の場所へ車両等を乗り入れ、又は駐車すること。

(9) 街なみ公園を損傷し、又は汚損すること。

(10) 公の秩序又は善良の風俗を害する行為をすること。

(11) 危険物を持ち込み、又は街なみ公園の利用者に危害を与える行為をすること。

(12) その他町長が適当でないと認める行為をすること。

2 前項ただし書の許可を受けようとする者は、行為の目的、行為の期間、行為を行う場所、行為の内容その他町長の指示する事項を記載した申請書を町長に提出しなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も、同様とする。

3 町長は、街なみ公園の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り、第1項ただし書の許可を与えることができる。

4 町長は、街なみ公園の管理上必要があると認めるときは、第1項ただし書の許可に条件を付すことができる。

(許可の取消し等)

第5条 町長は、前条第1項ただし書の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、次の各号のいずれかに該当するときは、許可を取り消し、又は行為を中止させ、若しくはその条件を変更することができる。

(1) この条例の規定に違反したとき。

(2) この条例の規定による許可に付した条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正な手段によりこの条例の規定による許可を受けたとき。

2 町長は、前項の許可の取消し等によって利用者が被った損失については、補償しない。

(利用者の義務)

第6条 利用者は、使用地及びその付近を清掃し、かつ、風致の保持に努めなければならない。

(使用料の徴収)

第7条 第4条第1項第1号から第3号までの行為をする利用者から、使用料を徴収する。ただし、町長が公益上必要と認める場合においては、使用料を減額し、又は免除することができる。

2 使用料の額は、第4条第1項第1号及び第2号に掲げる行為については1平方メートルにつき1日15円とし、同項第3号に掲げる行為については別表に掲げる額とする。

3 使用料は、街なみ公園の利用の期間が1年を超えない場合においては、利用の許可の際徴収する。

4 街なみ公園の利用の期間が1年を超える場合においては、当該年度分は利用の許可の際、当該年度以降の分はその都度1年分の使用料を4月に徴収する。

5 面積又は長さの計算において、1平方メートル又は1メートル未満の端数が生じたときは、これを1平方メートル又は1メートルとみなして算定する。

(使用料の還付)

第8条 既納の使用料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めに帰することができない理由により利用することができなかったとき。

(2) 利用者がその利用開始以前に利用の取り止めの申し出をしたとき。

(3) 前2号に掲げる場合のほか、町長が特別の理由があると認めたとき。

(権利の譲渡等の禁止)

第9条 利用者は、その権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(損害賠償等)

第10条 故意又は過失により街なみ公園を汚損し、損傷し、又は亡失した者は、町長の指示するところにより原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。

(管理の委託)

第11条 街なみ公園の管理については、町長が適当と認める公共的団体に委託することができる。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の会津本郷町街なみ公園(平成15年会津本郷町条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第7条関係)

区分

単位

金額

摘要

電柱

1本につき1年

1,500円


電話柱その他の柱類

1,500円


変圧塔その他これに類するもの及び公衆電話所

1個につき1年

1,500円


水道管、ガス管、地下ケーブル等の管類

管類の長さ1メートルにつき1年

480円

外径が1メートル未満のもの

950円

外径が1メートル以上のもの

備考

1 この表の区分により難いもの又はこの表に区分の定めがないものに係る使用料の額については、その都度町長が定めるところによる。

2 利用期間に1年未満の端数があるときは、会津美里町道路占用料徴収条例(平成17年会津美里町条例第156号)の例による。

会津美里町街なみ公園条例

平成17年10月1日 条例第162号

(平成17年10月1日施行)