○東尾岐総持財産区議会傍聴人取締規則

昭和35年8月2日

東尾岐総持財産区議会規則第3号

第1条 東尾岐総持財産区議会会議を傍聴しようとするときは係員に住所氏名を申し出、傍聴券の交付を受け入場しなければならない。

2 議長は必要に応じ、適宜傍聴人の数を制限することができる。

3 傍聴券は、退場のときこれを係員に返還しなければならない。

第2条 次の各号の一に該当すると認める者には傍聴を許さない。

(1) 兇器の類その他危険の虞れあるものを携帯した者

(2) 精神病者又はめいてい❜❜❜❜した者

第3条 傍聴人は指定の席につき次の事項を守らなければならない。

(1) 静粛にすること。

(2) 帽子の類を着用しないこと。

(3) 喫煙、飲食をしないこと。

(4) 旗、のぼり、ビラの類による宣伝、もしくは示威運動とみなされる行為をしないこと。

(5) 会議の言論について、批評もしくは可否を表明し、或は私語拍手をしないこと。

(6) けん騒にわたり議事を妨害しないこと。

2 前項各号のほか、傍聴人は議長の指示に従わなければならない。

第4条 傍聴人はいかなる理由があっても議場に入ることができない。

第5条 傍聴人がこの規則に違反するときは、議長は、これを制止し、これに従わない者があるときは、退場を命ずることができる。

第6条 秘密会を開く議決があったとき及び会議散会後は、すべての傍聴人は退場しなければならない。

第7条 退場を命ぜられた者は、ただちに退場しなければならない。退場を命ぜられた者は、当日再び傍聴席に入ることができない。

附 則

この規則は、議決の日から施行する。

附 則(平成18年3月24日東尾岐総持財産区議会規則第1号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

東尾岐総持財産区議会傍聴人取締規則

昭和35年8月2日 東尾岐総持財産区議会規則第3号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第7編 務/第7章 財産区
沿革情報
昭和35年8月2日 東尾岐総持財産区議会規則第3号
平成18年3月24日 東尾岐総持財産区議会規則第1号