○会津美里町敬老祝金支給条例施行規則

平成25年3月22日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町敬老祝金支給条例(平成17年会津美里町条例第196号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、敬老祝金(以下「祝金」という。)の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(名簿の作成)

第2条 条例第4条に規定する敬老祝金支給者名簿(以下「名簿」という。)様式第1号によるものとする。

(受給資格者の調査)

第3条 町長は、名簿に登載された者で、祝金の受給資格を取得する者について、条例第2条第2項に規定する支給月の前月の末日までに生存の有無等を確認するものとする。

(受給資格者の決定等)

第4条 町長は、条例第5条第1項の規定により、受給資格者に敬老祝金支給決定通知書(様式第2号)を送付するものとする。

2 条例第5条第2項の規定により祝金の支給をすることが適当でないと認めた者及び祝金を支給しないことができる場合は、次のとおりとする。

(1) 受給資格者又は同居の親族もしくは葬祭等を行った者が支給期日経過後1月以内にこれを受け取らないとき。

(2) 敬老祝金支給者名簿に登載された後、条例第2条第1項の規定に定めた年齢に達する前に本町に住所を有しなくなったとき。

(3) 所在が不明なとき。

(4) 前3項に掲げるもののほか、町長が祝金の支給について不適当と認めたとき。

(支給の方法)

第5条 祝金は、町内で使用できる商品券(以下「金券」という。)により支給するものとする。ただし、介護老人施設等に入所している場合など、金券による支給が適さない場合にあっては、現金による支給ができるものとする。

(支給の特例)

第6条 第4条第1項の規定により祝金の決定通知書を受けた者(以下「支給対象者」という。)が、祝金を受給するまでの間に死亡した場合は、当該支給対象者の同居の親族又は葬祭等を行った者に対し支給することができるものとする。

2 支給対象者が、祝金の支給を辞退したときは、受給資格を失うものとする。

(祝金の返還)

第7条 条例第6条の規定により返還を求める場合については、次のとおりとする。

(1) 偽りその他不正な手段により、祝金の支給を受けたとき。

(2) その他、町長が返還を必要と認めたとき。

2 町長は、前項の規定により祝金の返還を決定したときは、敬老祝金返還決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(その他)

第8条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日規則第27号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

会津美里町敬老祝金支給条例施行規則

平成25年3月22日 規則第5号

(平成28年4月1日施行)