○会津美里町特別支援教育非常勤講師派遣事業実施要綱

平成25年3月19日

教育委員会告示第9号

(趣旨)

第1条 この要綱は、会津美里町立小学校及び中学校の通常学級に在籍する軽度の発達障害等を有する児童生徒(以下「要支援児」という。)の教育的支援の充実を図るため、非常勤講師を派遣することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(支援の内容)

第2条 非常勤講師は、校長の指揮監督の下に、次に掲げる業務に従事する。

(1) 要支援児の学習及び生活の指導

 障がいの状態に応じた個別の学習指導

 障がいに基づく種々の困難の改善・克服を目的とする自立活動の指導

(2) 前号に定めるもののほか、校長が必要と認める事項に関すること。

(派遣の申請等)

第3条 非常勤講師の派遣を受けようとする校長は、特別支援教育非常勤講師派遣申請書(様式第1号)を教育委員会に提出するものとする。この場合において、校長は、要支援児の保護者の同意を得なければならない。

2 当該校長は、派遣申請時に指導計画等を作成の上、教育委員会へ提出するものとする。

3 教育委員会は、前項の規定による提出があったときは、その内容を審査し、派遣の可否を決定し校長に対し通知するものとする。

(非常勤講師の派遣日等)

第4条 非常勤講師の派遣日等は、次に掲げるところによる。ただし、教育委員会が特に必要と認めたときは、この限りではない。

(1) 派遣日は、学校の授業日とし、1週間当たり5日以内とする。

(2) 派遣時間は、1日につき6時間以内で、要支援児1人当たり年間300時間の範囲内で校長が定めるものとする。

(成果の報告)

第5条 第3条第3項の規定により非常勤講師の派遣の決定を受けた校長は、毎月の勤務状況報告を教育委員会へ報告しなければならない。

2 校長は、非常勤講師の活動状況について、特別支援教育非常勤講師活動報告書(様式第2号)により4月から9月までの実績にあっては10月初旬まで、10月から翌年3月までの実績にあっては3月末日までに教育委員会へ報告しなければならない。

(その他)

第6条 この要綱の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

会津美里町特別支援教育非常勤講師派遣事業実施要綱

平成25年3月19日 教育委員会告示第9号

(平成25年4月1日施行)