○会津美里町スクールカウンセラー等設置条例

平成27年3月20日

条例第24号

(設置)

第1条 小学校及び中学校(以下「学校」という。)において、いじめや不登校等児童生徒の問題行動の解決に資するため、会津美里町教育委員会(以下「教育委員会」という。)及び町内の小中学校に児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識・経験を有するスクールカウンセラー又は準スクールカウンセラー(以下、「スクールカウンセラー等」という。)を設置する。

(身分)

第2条 スクールカウンセラー等の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

(委嘱)

第3条 スクールカウンセラーは、次の各号のいずれかに該当する者の中から、教育委員会が委嘱する。

(1) 財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定に係る臨床心理士

(2) 精神科医

(3) 児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に規定する大学の学長、副学長、教授、准教授又は講師(常時勤務をする者に限る。)の職にある者

2 準スクールカウンセラーは、次の各号のいずれかに該当する者の中から教育委員会が委嘱する。

(1) 大学院修士課程を修了した者で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験を有する者

(2) 短期大学以上を卒業した者で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、5年以上の経験を有する者

(3) 医師で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験を有する者

3 委嘱の期間は、委嘱の日から当該年度の3月31日までとし、再任することができる。

(委嘱通知)

第4条 スクールカウンセラー等の委嘱は、委嘱状の交付をもって行うものとする。

2 第8条の規定に基づくスクールカウンセラー等の解職は、通知書の交付をもって行うものとする。

(職務)

第5条 スクールカウンセラー等は、教育長の指揮監督の下に、各学校において次の各号に定める業務を行うものとする。

(1) 児童生徒へのカウンセリング

(2) カウンセリング等に関する教職員及び保護者に対する助言・指導

(3) 児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供

(4) その他児童生徒のカウンセリング等に関し校長が必要と認める事項

(勤務条件)

第6条 スクールカウンセラー等の勤務は、次の各項に掲げる条件の範囲内において、教育委員会が学校長と協議して定める。

2 勤務日は、次に掲げる日を除く。

(1) 週休日である日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前2号に掲げる日を除く。)

3 スクールカウンセラー等の勤務時間は、原則として1日7時間以内とし、予算の範囲内とする。

(報酬)

第7条 スクールカウンセラー等の報酬は、1時間当たりとし、その額は次に掲げるとおりとする。

(1) カウンセラー 1時間当たり5,500円

(2) 準カウンセラー 1時間当たり3,000円

(解職)

第8条 教育長は、スクールカウンセラー等が次の各号のいずれかに該当すると認める場合は、委嘱期間中であっても解職することができる。

(1) 心身の故障のため、職務遂行に支障があったり、又これに堪えない場合

(2) 職務上の業務に違反し、又は職務を怠った場合

(3) スクールカウンセラー等としてふさわしくない行為があった場合

(4) スクールカウンセラー等として必要な適性を欠く場合

(離職)

第9条 スクールカウンセラー等は、退職を願い出て承認された場合離職することができる。

(秘密を守る義務)

第10条 スクールカウンセラー等は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後もまた同様とする。

(災害補償)

第11条 スクールカウンセラー等の公務上の災害又は通勤による災害に対する補償については、労働者災害補償保険法の定めるところによる。

(その他)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

会津美里町スクールカウンセラー等設置条例

平成27年3月20日 条例第24号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 育/第1章 教育委員会/第2節 組織・処務
沿革情報
平成27年3月20日 条例第24号