○会津美里町後援名義等の使用承認に関する要綱

平成27年3月30日

告示第50号

(趣旨)

第1条 この要綱は、教育、福祉、文化、芸術、芸能、スポーツ、産業等の振興のため、各種団体が開催する事業等について、町の後援、協賛、共催の名義の使用及び会津美里町長賞の交付を承認すること(以下「後援等の承認」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 後援 事業の趣旨に賛同し、その開催に当たって名義のみの使用をもって支援することをいう。

(2) 協賛 事業の趣旨に賛同し補助金等の交付又は人的、物的援助をすることをいう。

(3) 共催 事業の企画又は運営に参画し、共同開催者としての責任の一部を分担することをいう。

(4) 会津美里町長賞 後援等の承認を受けた事業において、町長が事業の主催者を通じ参加者を顕彰するために交付する賞をいう。

(使用名義)

第3条 後援等の承認を受けた場合に使用する名義は、「会津美里町」とする。

2 後援等の承認を受けた団体は、当該後援等の承認を受けた事業に関し発行する印刷物等に町が後援等をしている旨の表示をし、又はその旨を放送等により公表することができる。

(町長賞の交付)

第4条 町長賞は、賞状によるものとし、事業を主催する団体等を通じて顕彰すべき参加者に交付するものとする。

(対象となる団体)

第5条 後援等の承認を受けることができる団体等は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 国又は地方公共団体

(2) 公益的法人及びこれに準ずる団体(宗教法人を除く。)

(3) 報道機関、地域団体、社会教育関係団体、福祉団体又はこれらに準ずる公益的性格を有する団体等

(4) その他町長が適当と認める団体

(承認の基準)

第6条 後援名義等使用の承認をする事業は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 事業の目的及び内容が、町の教育、福祉、文化、芸術、芸能、スポーツ及び産業の振興に寄与すると町長が認める事業で公共性を有するものであること。

(2) 町全域又は一部の区域を対象として行われる事業で、広く一般町民を対象としていること。

(3) 事業の開催地が町内であること。ただし、町民の幅広い参加が期待できる事業又は町のイメージアップが期待できる事業である場合は、この限りでない。

(4) 主催者の所在が明確で、事業遂行能力が十分であること。

(5) 主催者が参加者から入場料その他の費用を徴収する事業にあっては、徴収の額及び目的が適正で、かつ、明確であること。

(6) 事業の実施場所において、保健衛生及び災害防止に関する措置が講じられていること。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号の一に該当する事業は、後援名義等使用の対象とならない。

(1) 特定の政治団体若しくは宗教団体が主催する事業、政治活動若しくは宗教活動を目的とする事業又は特定の政治団体若しくは宗教団体に反対することを目的とする事業

(2) 特定の主義主張の浸透を図ることを目的とする事業

(3) 公序良俗に反するもの又はそのおそれのある事業

(4) 主に営利又は商業宣伝を目的とする事業

(5) 特定の団体の宣伝又は売名を目的とする事業

(6) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れのある組織の利益になると認められる事業

(7) 行政の運営に支障を来す事業

(8) 前各号に掲げるもののほか、町長が不適当と認める事業

3 町長賞の交付基準については、前2項の規定を準用し、かつ、当該事業の参加者が競い合うことにより技能の一層の向上が期待できると認められるものとする。

(申請手続)

第7条 後援等の承認を受けようとする団体等は、次に掲げる書類を添えて、後援名義等使用承認申請書(様式第1号)又は、同内容の事項を記載した書面を事業開始の14日前までに町長に提出しなければならない。

(1) 事業の目的及び内容が分かる書類

(2) 入場料、参加料その他の費用を徴収する場合は、事業に係る収支予算の分かる書類

(3) 協賛を申請する場合にあっては、補助金等の交付の状況が分かる書類

(4) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類

(承認の可否)

第8条 町長は前条の申請があったときは、当該申請の内容を審査し、その結果を後援名義等使用承認通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(承認に対する条件の付与)

第9条 町長は後援等の承認をするときは、次に掲げる条件を付与することができる。

(1) 後援等の承認の期間は、承認した日から当該承認に係る事業が終了するまでとし、6箇月を限度とすること。ただし、申請者が継続して承認を申請した場合で、かつ、当該承認に係る事業の性質上やむを得ないと認めたときは、この限りでない。

(2) 前条の規定により承認を受けた後に当該承認に係る事業の内容を変更しようとするときは、あらかじめその内容を届け出ること。

(3) 承認を受けた事業が終了したときは、後援名義等使用実施報告書(様式第3号)により事業の実施状況等を報告すること。ただし、町長が報告の必要がないと特に認めたときは、この限りでない。

(4) 前3号に掲げるもののほか、事業の内容に応じて特に町長が必要と認めた事項

(承認の取消し)

第10条 町長は、後援等の承認後において、次の各号のいずれかに該当する場合は、後援名義等承認取消通知書(様式第4号)により後援等の承認を取り消すことができる。

(1) 申請内容に虚偽があったとき。

(2) 承認決定後に、第6条に規定する基準に適合しない事実又は、同条第2項に規定する基準に該当する事実が明らかになったとき。

2 町長は、前項の規定による後援等の承認を取り消したことにより生じた損害の責任を負わないものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

会津美里町後援名義等の使用承認に関する要綱

平成27年3月30日 告示第50号

(平成27年4月1日施行)