○会津美里町かえるNETシステム事業実施要綱

平成27年5月1日

告示第72号

(目的)

第1条 この要綱は、町民が認知症や他の疾患により、徘徊や迷子などで行方不明となった、又は警察等の機関で保護されたときに、早期にその者の身元が判明できるように専用QRコードを利用して、対象者の親族や支援者等に連絡する体制を整え、認知症になっても住み慣れた環境で安心して暮らし続けることができる地域づくりを推進することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は会津美里町とする。ただし、事業を他に委託することにより適切な事業運営が確保できると認められるときは、町長が適当と認める法人その他の団体に事業の全部又は一部の委託(以下「事業委託」という。)をすることができる。

2 この要綱に定めるもののほか、事業委託に係る業務の範囲、条件その他必要な事項は、事業委託を行う法人その他の団体(以下「委託法人等」という。)との契約により、別に定める。

(対象者)

第3条 事業の対象者は次に掲げる者とする。

(1) 認知症や他の疾患により、徘徊や迷子などにより行方不明となる恐れがある者

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が特に認める者

(申請及び決定)

第4条 システムを利用しようとする者は、かえるNETシステム利用申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請があった場合には、速やかに当該申請者の生活状況その他必要事項を調査し、利用の可否を決定したときは、かえるNETシステム利用決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するとともに、専用QRコードを交付するものとする。

3 町長は、前項の規定により利用を決定した者(以下「利用者」という。)について、かえるNETシステム利用者台帳(様式第3号)を作成し、保管するものとする。

(変更の届出)

第5条 利用者は、申請内容に変更があった場合は、速やかにかえるNETシステム利用変更届出書(様式第4号)を町長に届出しなければならない。

(費用の負担)

第6条 システム使用料の全部を町が負担するものとする。

(関係機関との連携)

第7条 町長は、システムを円滑に運営するために、常に関係機関と密接な連携を保つとともに、地域住民の協力が得られるよう努めるものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年5月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

会津美里町かえるNETシステム事業実施要綱

平成27年5月1日 告示第72号

(平成27年5月1日施行)