○会津美里町婚活推進事業補助金交付要綱

平成27年5月1日

告示第82号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本町の人口減少の要因の1つである未婚化・晩婚化に対する取組として、結婚の推進を目的とした出会いの機会等を積極的に提供する事業に対して、予算の範囲内で補助金を交付することに関し、会津美里町補助金等の交付等に関する規則(平成17年会津美里町規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助対象者は、会津美里町内に活動場所を有する団体で次の要件を満たすものとする。

(1) 組織の運営に関する規約、会則等を持ち、自主的な活動のできる団体であること。

(2) 宗教活動又は政治活動を目的とした団体でないこと。

(3) その他町長が特に認める団体

(補助対象事業等)

第3条 この補助金の交付の対象となる事業は、次に掲げるものとする。

(1) 独身男女を対象とした、男女の健全な出会いの場を提供する事業

(2) 異性とのコミュニケーション能力の向上に資する事業

(3) その他結婚へのきっかけ作りを支援する事業のうち、町長が特に認める事業

2 前項の規定に関わらず、補助対象者が行う事業のうち次の各号のいずれかに該当する事業は、補助金の交付の対象としない。

(1) 営利を目的とした事業

(2) 公序良俗に反する内容又は社会通念上適当でないと認められる内容を含む事業

(3) 本町の人口減少に歯止めをかける効果が期待できない事業

(4) 参加者自己負担額の総額が事業費総額に占める割合の100分の10を下回る事業

(補助の期間及び回数)

第4条 補助の期間は、平成27年5月1日から平成33年3月31日までとする。

2 事業期間は、単年度を原則とする。ただし、明確な事業計画のある事業については、継続を認めることができる。

3 前項ただし書に該当する場合においても、毎年度申請を行い、審査の対象となるものとする。

(補助対象経費)

第5条 この事業の補助の対象となる経費は、第3条に掲げる事業に直接必要な経費とする。ただし、次に掲げる経費については、町長が特に必要であると認めたものを除き、補助対象経費から除外するものとする。

(1) 交付申請団体構成員の飲食費

(2) 交付申請団体の構成員に対する謝礼、委託料及び人件費

(3) 景品・記念品及び手土産代で単価が2万円以上のもの

(4) その他町長が適当でないと認める経費

(補助金の額)

第6条 補助金は、補助対象経費の10分の10とし、予算の範囲内で交付するものとする。

(補助金の申請)

第7条 補助金の交付を受けようとする団体等は、次に掲げる書類を別に指定された期日までに町長に提出するものとする。

(1) 会津美里町婚活推進事業補助金交付申請書(様式第1号)

(2) 事業計画書(様式第1号(その1))

(3) 収支予算書(様式第1号(その2))

(4) 団体概要調書(様式第1号(その3))

(5) その他町長が必要と認める書類

(補助金等の交付の条件)

第8条 規則第6条第1項第1号に規定する別に定める軽微な変更とは、補助対象経費の100分の20以内の変更をすることとする。

(実績報告)

第9条 規則第14条の規定による実績報告は、次に掲げる書類を事業の完了の日(事業の中止又は廃止について町長の承認を受けた場合においては、承認を受けた日)から起算して14日を経過した日までに行うものとする。

(1) 会津美里町婚活推進事業補助金実績報告書(様式第2号)

(2) 事業実績書(様式第2号(その1))

(3) 収支決算書(様式第2号(その2))

(4) 写真(事業の実施状況が分かるもの)

(5) その他町長が必要と認める書類

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成27年5月1日から施行する。

(この要綱の失効)

2 この要綱は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。

附 則(平成29年3月31日告示第73号)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月23日告示第48号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

会津美里町婚活推進事業補助金交付要綱

平成27年5月1日 告示第82号

(平成30年4月1日施行)