○会津美里町外国語指導助手住居費等補助金交付要綱

平成27年7月22日

教育委員会訓令第6号

(目的)

第1条 この要綱は、町が招致した外国語指導助手(以下「外国語指導助手」という。)の経済的負担の軽減及び福利厚生を図ることにより、町の外国語教育及び国際交流の進展に資するため、居住費に対し予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付に関しては、会津美里町補助金等の交付等に関する規則(平成17年会津美里町規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助項目及び補助額)

第2条 外国語指導助手で、町長が指定する住宅を借り受け、住居費を支払っている者に対して補助金を交付するものとする。

2 補助項目については、次に規定するものとする。

(1) 礼金、敷金、及び更新料(以下「礼金等」という。)

(2) 住宅賃借料(以下「家賃」という。)

3 補助基準については、次に規定する額とする。

(1) 礼金等の全額

(2) 家賃の2分の1以内

(3) 住居に係る使用者負担の修繕については、町がその費用の全額又は一部を負担するものとする。ただし、外国語指導助手が故意又は重大な過失により破損した場合の修繕については、本人が全額負担するものとする。

(交付申請)

第3条 補助金の交付の申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、外国語指導助手住居費補助金交付申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書(様式第2号)

(2) 賃貸借契約書の写し

(住居費変更の届出)

第4条 申請者は、住居を変更した場合、速やかに住所変更届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(実績報告)

第5条 規則第14条に規定する実績報告は、外国語指導助手住居費補助金実績報告書(様式第4号)に家賃支払報告書(様式第5号)を添えて、事業を完了した日から14日以内に提出するものとする。

(補助金の交付方法等)

第6条 補助金の交付方法及びその時期については、次のとおりとする。

(1) 家賃に係る補助金は、毎月末までに当月分を支払うものとする。

(2) 礼金等に係る補助金は、住居の賃借契約を締結した月の家賃に係る補助金と同時に交付するものとする。

(補助金の返還)

第7条 町長は、補助金の交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、当該補助金の全部又は一部の返還を命じることができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 虚偽の申請、その他不正の手段により補助金の交付を受けたとき。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成27年7月22日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日以前に会津美里町外国語指導助手住居費等補助金交付要綱(平成17年会津美里町訓令第7号。)の規定に基づき申請されたものについては、平成27年度に限り、この訓令の申請とみなすものとする。

画像

画像

画像

画像

画像

会津美里町外国語指導助手住居費等補助金交付要綱

平成27年7月22日 教育委員会訓令第6号

(平成27年7月22日施行)