○会津美里町公用車の貸出しに関する規程

平成29年4月1日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、会津美里町公用車の使用及び安全運転管理規程(平成17年会津美里町訓令第3号。以下「規程」という。)に定めるもののほか、公用車の貸出しについて、必要な事項を定めるものとする。

(貸出車両)

第2条 貸出すことができる公用車は、全ての公用車とする。ただし、町が賃貸借契約により使用している車両で、その賃貸借契約において第三者への転貸を禁じているものを除くものとする。

(貸出対象の外部機関等)

第3条 貸出すことができる外部機関等は、次の各号のいずれかとする。

(1) 会津美里町立小学校及び中学校

(2) その他町長が特に必要と認めた団体等

(貸出し基準)

第4条 公用車は、前条に定める外部機関等が次の各号のいずれかに該当する場合に限り貸出しすることができる。

(1) 学校教育活動として使用する場合

(2) 行政機関が招集及び出席依頼する各種会合等に出席する場合

(3) 町が書面により業務委託契約を締結している業務の遂行に必要である場合

(4) 行政目的を遂行するため、外部機関等が調査、研修、視察、社会教育活動又は社会福祉活動として使用する場合

(5) 前4号に掲げるもののほか、町が参画又は関与するもので町長が特に必要と認めた場合

(貸出しの申請及び許可)

第5条 公用車の貸出しに関する手続は、次に定めるところによる。

2 公用車を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、事前に公用車使用許可申請書(様式第1号)に公用車を運転しようとする者の運転免許証の写しを添えて町長に申請しなければならない。

3 町長は、前項による申請のあったときは、公用車使用許可(不許可)通知書(様式第2号)により、申請者へ通知するものとする。ただし、公用車の使用許可に際して、公用車管理上必要な条件を付すことができる。

4 前項に係る決裁権者は、会津美里町事務決裁規程(平成17年会津美里町訓令第6号)第5条によるものとする。

(使用の取消し)

第6条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、公用車の使用許可を取り消すことができる。

(1) 貸出しに優先する緊急の用務が発生したとき。

(2) 運行条件が悪く危険であると認められるとき。

(3) やむを得ない事由により、公用車を公用又は公共用に供する必要が生じたとき。

(4) 公用車使用許可申請書に虚偽の記載があったとき。

(使用の制限及び条件)

第7条 公用車の使用許可を受けた者(以下「借用者」という。)は、次に掲げる事項及び第5条第3項ただし書に付された条件等を遵守しなければならない。

(1) 借用者は、車両の運転に関する関係法令及び規程を遵守すること。

(2) 運転者は、規程第6条第1項第2号から第5号のいずれかに該当する者を除く者とすること。

(3) 公用車の目的外使用、第三者への転貸又は使用をさせてはならない。

(4) 借用者は、使用前及び使用後に車内外を点検し、異常を認めたときは規程第4条に定める主管課長等(以下「主管課長等」という。)に報告すること。

(5) 借用者は、使用後に車内外を清掃し、鍵を所定の場所に返還するとともに使用状況を業務報告書又は公用車使用簿等により主管課長等へ報告すること。

(費用負担)

第8条 借用者は、燃料費その他消耗品類の費用及び高速自動車国道等有料道路の利用料並びに駐車場使用料を負担しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、これを免除することができる。

(1) 第4条第1号から第3号に該当する場合

(2) その他、町長が特に必要と認めた場合

(損害賠償及び求償)

第9条 公用車の借用中に交通事故等により第三者に賠償義務が生じた場合及び貸出し公用車をき損又は亡失した場合の賠償等は、次の各号に定めるところによる。

(1) 町が加入している保険の適用範囲内においては、当該保険において補填する。

(2) 前号に該当しないもの及び借用者の故意又は重大な過失によって発生したもの並びに第7条の各号を遵守しなかった場合は、借用者の責任において賠償し、又は現状復旧費用を負担しなければならない。

(3) 前号の場合において、町は借用者に代わり借用者の負担すべき額を支払ったときは、町が支払った額の全部又は一部を借用者に求償し、借用者は直ちに町に弁済するものとする。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

会津美里町公用車の貸出しに関する規程

平成29年4月1日 訓令第6号

(平成29年4月1日施行)