○赤磐市防災会議条例施行規則

平成17年3月7日

規則第25号

(趣旨)

第1条 この規則は、赤磐市防災会議条例(平成17年赤磐市条例第15号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(会議の招集)

第2条 赤磐市防災会議(以下「防災会議」という。)は、必要に応じて会長が招集する。

2 委員は、必要があるときは、会長に対して防災会議の招集を求めることができる。

3 防災会議の招集は、あらかじめ開催日時、場所及び付議事項を示して、書面により委員に通知するものとする。ただし、緊急の場合は、この限りでない。

(定足数)

第3条 防災会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

(委員の代理者)

第4条 委員は、やむを得ない理由により防災会議に出席できないときは、その属する機関の職員のうちから代理者を選任し、その者を防災会議に出席させることができる。

(会議の議決)

第5条 防災会議の議決は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

2 緊急の必要があり会議を招集する暇がないときその他やむを得ない理由のあるときは、委員に書面を送付し審議することで会議に代えることができる。

(専決処分)

第6条 会長において防災会議を招集するいとまがないと認めるときは、会長は、防災会議で処理すべき事項について専決することができる。

2 前項に定める場合のほか、会長は、防災会議が処理すべき事項のうち、軽易な事項について専決することができる。

3 会長は、前2項の規定により専決したときは、次の防災会議に報告し、承認を得なければならない。

(庶務)

第7条 防災会議の庶務は、総務部くらし安全課において行う。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年3月7日から施行する。

附 則(平成24年4月1日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年8月12日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。

赤磐市防災会議条例施行規則

平成17年3月7日 規則第25号

(令和2年8月12日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第8節 災害対策
沿革情報
平成17年3月7日 規則第25号
平成24年4月1日 規則第24号
令和2年8月12日 規則第33号