○赤磐市適応指導教室条例

平成17年3月7日

条例第91号

(趣旨)

第1条 この条例は、病気及び経済的理由を除き、学校に行きたくても登校できない児童生徒(以下「不登校児童生徒」という。)に対して指導及び教育相談を行い、集団への適応能力の向上を図るとともに、自立への援助を行い、早期に学校へ復帰させるため、赤磐市適応指導教室(以下「教室」という。)の設置及び管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 教室の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

赤磐市適応指導教室

赤磐市尾谷882番地

(事業)

第3条 教室は、次の事業を行う。

(1) 不登校児童生徒及びその保護者に対しての教育相談活動

(2) 入室児童生徒の適応指導及び援助に関すること。

(3) 入室児童生徒の適応指導にかかわる調査研究に関すること。

(4) 学校・家庭・関係機関との連携に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、赤磐市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認める事業

(職員)

第4条 教室に必要な職員を置く。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の山陽町適応指導教室条例(平成12年山陽町条例第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

赤磐市適応指導教室条例

平成17年3月7日 条例第91号

(平成17年3月7日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年3月7日 条例第91号