○赤磐市立学校プール管理規程

平成17年3月7日

教育委員会告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は、赤磐市立学校プール(以下「プール」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理責任者)

第2条 プールの管理責任者は、学校長とする。

(使用期間及び使用時間)

第3条 プールの使用期間及び使用時間は、次のとおりとする。

使用期間

使用時間

6月1日から9月15日まで

午前8時30分から午後5時まで

2 学校長は、赤磐市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の承認を得て、前項に規定する使用期間又は使用時間を変更することができる。

(使用許可)

第4条 学校長は、法令に別段の定めのあるもののほか、プールを社会教育等のために一時使用させることができる。

2 前項の規定によりプールを使用しようとする者は、赤磐市立学校管理規則(平成17年教育委員会規則第9号)第27条の規定により、学校長の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第5条 学校長は、次の各号のいずれかに該当するときは、プールを使用させてはならない。

(1) 学校教育上支障があるとき。

(2) 公安を害し、風俗を乱し、その他公共の福祉に反するおそれがあるとき。

(3) 専ら私的営利を目的とするとき。

(4) 施設設備を損傷するおそれがあるとき。

(5) 伝染病患者又はそのおそれがあると認められる者

(6) 心臓病、脚気、下痢、皮膚病、中耳炎等水泳することが適当でない被患者

(7) 前各号に掲げるもののほか、校長が不適当と認めるとき。

(衛生管理)

第6条 学校長は、プール及び附帯施設の清掃、消毒を行い、常に衛生的に管理しなければならない。

(環境の整備及び風紀の厳正)

第7条 学校長は、プール周辺の環境を整備し、またプール使用者及びその他参集者の風紀の厳正に努めなければならない。

(報告)

第8条 学校長は、プールの使用を開始するとき、及び使用計画を終了したときは、使用の状況その他必要な報告を教育委員会に行わなければならない。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会の許可を得て当該学校長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の山陽町立学校プール管理規則(昭和46年山陽町教育委員会規則第1号)又は熊山町教育委員会学校プール管理規則(昭和46年熊山町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

赤磐市立学校プール管理規程

平成17年3月7日 教育委員会告示第2号

(平成17年3月7日施行)