○赤磐市立保育所及び認定こども園延長保育事業実施要綱

平成17年3月7日

告示第28号

(目的)

第1条 この告示は、保護者の勤務形態の多様化に伴い、通常の保育時間を延長して保育する事業(以下「延長保育」という。)を実施することにより、保育時間の延長に対する需要の増大に適切に対応し、もって児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象児童)

第2条 対象児童は、赤磐市立保育所及び認定こども園に入所しており、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第19条第1項第2号又は第3号に掲げる小学校就学前子どものうち、保護者の勤務時間及び通勤時間等を考慮し、市長が保育時間の延長を必要と認めた児童とする。

(延長保育の内容)

第3条 延長保育の内容は、次に掲げるところによる。

(1) 延長保育の時間は、別表第1に規定する区分に応じた時間とする。

(2) 延長保育を受ける児童の状況に応じ、保育士等の適切な配置を行う。

(3) 延長保育を受ける児童に対して、適宜、間食等を提供する。

(延長保育の利用手続等)

第4条 延長保育を利用しようとする者は、あらかじめ延長保育申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、速やかにその内容を調査し、延長保育の実施の可否について決定し、延長保育承諾通知書(様式第2号)又は延長保育不承諾通知書(様式第3号)により保護者に通知するものとする。

(延長保育の辞退)

第5条 延長保育の決定を受けた児童の保護者は、当該児童について延長保育を必要としなくなったときは、延長保育辞退届(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(延長保育の解除又は停止)

第6条 市長は、延長保育の決定を受けた児童が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、延長保育解除・停止通知書(様式第5号)により、保護者に通知するものとする。

(1) 第2条の要件に該当しなくなったとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、延長保育を行うことが好ましくないと認めたとき。

(利用者負担)

第7条 対象児童の保護者は、事業実施に伴う間食等の実費として、児童1人につき別表第2に規定する区分に応じた額を負担するものとする。ただし、赤磐市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担額に関する規則(平成27年赤磐市規則第10号)別表第1に規定する利用者負担額表における階層区分第1階層及び第2階層に属する世帯は無料とする。

(帳簿)

第8条 延長保育の実施施設は、延長保育の経過を記録するため、次に掲げる書類を備え、必要な事項を記載しておかなければならない。

(1) 延長保育利用実績報告書(日報)(様式第6号)

(2) 延長保育利用実績報告書(月報)(様式第7号)

(3) 延長保育承諾児童名簿(様式第8号)

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の赤坂町延長保育事業実施規則(平成15年赤坂町規則第28号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年6月3日告示第151号)

この告示は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成27年10月1日告示第83号)

この告示は、公表の日から施行し、改正後の赤磐市立保育所延長保育事業実施要綱の規定は、平成27年4月1日から適用する。

附 則(平成27年10月1日告示第84号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成28年3月25日告示第19号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月28日告示第103号)

この告示は、平成29年10月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

施設名

延長保育時間

保育標準時間

保育短時間

赤坂ひまわりこども園

午前7時から午前7時30分まで及び午後6時30分から午後7時まで

午前7時から午前8時まで及び午後4時から午後7時まで

周匝保育園、黒本保育園、佐伯北保育園、仁美保育園


午前7時30分から午前8時まで及び午後4時から午後6時30分まで

別表第2(第7条関係)

延長保育時間

費用

午前7時から午前7時30分までの時間

100円

午前7時30分から午前8時までの時間

50円

午後4時から午後6時30分までの時間

30分につき50円

午後6時30分から午後7時までの時間

100円

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

赤磐市立保育所及び認定こども園延長保育事業実施要綱

平成17年3月7日 告示第28号

(平成29年10月1日施行)