○赤磐市遺児激励金支給条例施行規則

平成17年3月7日

規則第78号

(趣旨)

第1条 この規則は、赤磐市遺児激励金支給条例(平成17年赤磐市条例第123号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(保護世帯に準ずる世帯)

第2条 条例第4条第1項ただし書に規定する「保護世帯に準ずる世帯」とは、次の各号に掲げる世帯とする。

(1) 次のいずれかの措置を前年度又は当該年度において受けた世帯

 生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づく保護の停止又は廃止

 地方税法(昭和25年法律第226号)第295条第1項に基づく市町村民税の非課税

 地方税法第323条に基づく市町村民税の減免

(2) 前号以外の世帯で、次のいずれかに該当する者

 保護者の職業が不安定等のため、生活状態が悪いと認められる世帯

 PTA会費、学級費等の学校納付金の減免が行われている世帯

 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)第14条に基づく支援給付を受けている世帯

(支給申請の方法)

第3条 条例第5条の規定により遺児激励金の支給を受けようとする者は、遺児激励金支給申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。ただし、本市の公簿においてその事実を確認できる場合は、当該書類の添付を省略することができる。

(1) 当該遺児の戸籍の謄本

(2) 申請者が当該遺児と同居しないでこれを監護しているときは、当該事実を明らかにすることができる書類

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(決定の通知)

第4条 市長は、前条の申請により遺児激励金の支給又は不支給に関する決定を行ったときは、遺児激励金支給(不支給)決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の山陽町遺児激励金支給条例施行規則(昭和62年山陽町規則第4号)又は吉井町遺児激励金支給条例施行規則(昭和48年吉井町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年6月1日規則第264号)

この規則は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成20年7月2日規則第48号)

この規則は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成26年5月14日規則第27号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(平成28年3月25日規則第14号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像画像

画像

赤磐市遺児激励金支給条例施行規則

平成17年3月7日 規則第78号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月7日 規則第78号
平成17年6月1日 規則第264号
平成20年7月2日 規則第48号
平成26年5月14日 規則第27号
平成28年3月25日 規則第14号